東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

久しぶりの彩色

2021-03-26 01:40:55 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 前回色を塗っていたのはひと月以上前だったか、仙台向けのお雛様や招き猫、ひねり鳩だったか、初午向けの狐だったか? 
 その後確定申告のパニックあり、それが済んでから、新たな原型を起こす作業と長いスパンを考えて従来の割型から型抜きを繰り返していたような感じです。今再び塗り始めているのはべにや民藝店さんからたのまれている熊金。他に五月の節句向けの虎加藤や臥虎、虎などもお作りすることになってぃますが、虎類は次の窯入れ待ちなので、まずは熊金最優先に進めています。

 天神は従来の割型のものですが、袍をキハダ、台を蘇芳(すおう)で塗るパターンは民藝館展にも出品させてもらっていますが、蘇芳を袍に塗ってみたくて試しに塗っています。
 あんまり久しぶりなので、乳鉢や棒をどこにしまい込んでしまったのか慌てています。
コメント   この記事についてブログを書く
« はじめての布染め(蘇芳) | トップ | 窯出し→やすりがけ→地塗り »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)」カテゴリの最新記事