東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

型抜き(新しい割り型)

2021-05-15 20:58:47 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 あっちだ、こっちだ と毎日のように作業すべきことの優先順位を戸惑いながら考えてうごくようにしていますが、どうしてもやりかけの原型から割型を起こし、新しいレパートリーを増やしておきたいという欲がいちばんにきてしまいます。今週なんとか2種類の割型を起こして抜き出していますが、不思議なもので、自分で起こした原型と割型でありながら、すぐにきれいに抜き出せるのではなくて、しばらく抜け加減を調節してみたり、土の押し加減も自分自身が型に慣れる時間が必要な感じは毎回あります。
 今抜き出しはじめた2種類は「鯉乗り金太郎(鯉金)」と「座虎」。どちらも施釉の今戸の箱庭細工らしき人形をお手本にして、拡大した感じのものです。お手本は施釉仕上げですが、煮出しの汁や泥絵具に置き換え、配色はお手本風に試してみたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« お知らせ メール復旧しました。 | トップ | 散歩の達人 6月号 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)」カテゴリの最新記事