東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

一刀彫風の虎

2021-04-02 03:49:25 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 来年の干支は寅(虎)なんですが、今現在塗っているのはべにや民藝店さんの五月のお節句向けにお納めするもののひとつです。
 これらの一刀彫風と呼んだらよいのか、面取り的なモデリングもまた江戸時代からの流れを汲む最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁がお作りになられた虎をお手本にひと回り前の寅年に向けて型を起こしたものです。
 この虎をはじめとする春吉翁による一刀彫風の干支人形について自分でも由来などわからないことが多く、その片鱗は戦前の関西の郷土玩具研究家、川崎巨泉による描画によって伝えられたものを目にすることができますが、十二支を完結させて作られたものなのか否かさえわかりません。

 少なくともうちには、この虎のお手本と同じシリーズと思われる羊があり、巨泉の描画で牛や馬が描かれているのはみたことがあります。
 春吉翁は毎年干支に合わせてひと種類ずつお作りになられたのか、又は頒布会のようなかたちで十二体一式にして一度にお作りになったのか…?
 ご存知の方いらっしゃればご教示いただきたいです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 窯出し→やすりがけ→地塗り | トップ | 五月節句向け »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)」カテゴリの最新記事