外歩き

趣味と実益を兼ねて、外をぶるぶらあるきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪

2008-03-17 22:02:32 | Weblog


大阪梅新の宝くじうりばです。写真の場所は、高額の当選金があたる確率が日本一だとの事で私もあやかるべく買い求めてきました。

他の一枚は、淀屋橋から見た川です。流れ去る川の上に あたかも高層ビルが浮かんでいるかのような錯覚に陥りました。
コメント (17)   トラックバック (1)

海と川

2008-03-17 21:31:48 | Weblog


勝浦の海と大阪淀屋橋の川です。
夕間暮れ川の流れの上に、ビルが浮かんでいるような感じを受けました。
コメント

房総の春

2008-03-10 21:47:24 | Weblog
先日 春を求めて房総を旅してきました。内房線五井駅から房総半島を縦断し、
大原経由勝浦に足を伸ばしました。
勝浦はご承知かと思いますが、町をあげてのひな祭りが有名になっており、大層にぎわっておりました。

雛を見物した後、海沿いに少しばかり歩きましたが、そこで河津桜を見つけました
(2月末でしたが)やはり 勝浦あたりは暖かいのだと感じ入りました。

太平洋の大きさに納得し、早咲きの綺麗な桜花を見て満足した一日でした。
(水平線がまあーるく見えます。)
コメント (2)   トラックバック (1)

春はどこに?

2008-02-22 14:17:15 | Weblog
春はどこに?ですが、多分房総あたりでは無いでしょうか?
来週にでも時間を見つけて、出かけてみようと思っております。
コメント   トラックバック (1)

さくら?

2008-02-17 21:26:25 | Weblog
さくらとは、花の桜か?人のサクラかどちらでしょうか?
コメント

稲毛の浜

2008-02-17 15:38:00 | Weblog
先日千葉県のJR稲毛駅からバスと足を使って、稲毛海浜公園を歩いてきました。
やまが育ちの者ですから、海を見るのが好きで少しばかりほっとしました。

写真の陽の落ちる方向に富士山が見えると聞きましたが生憎でそれが心残りな感じです。
富士山が見えると何か得をした気になり、何か良いことが有るような気がします。

現実には、何も無かったのですが?そのうちにと思うこのごろです。
コメント

傘たて

2008-02-09 13:24:06 | Weblog
先日 豊島区立 熊谷守一美術館を見てきました。小ぶりな美術館ですが 入り口にある、作りつけの傘たて?(写真)に驚きました。
建物の外壁に(傘のホルダーが)埋め込まれており、傘が無ければ これは何?と
考えることでしょう。

久しぶりに頭の体操をした感じの一日になりました。

一年の計は元旦にありと富士を見るたびに思うのですが、なにせ富士は遠いところにあり、マーイイカとほったらかしになるのです。
コメント

下野薬師寺

2008-01-26 11:01:41 | Weblog
先日 JR宇都宮線の自治医大駅近辺を歩いてきました。
その昔、下野国の薬師寺が置かれていたとのこと又、戒壇院も設けられていたとのことでした。戒壇院は僧になるため受戒する施設で、奈良東大寺 筑紫観世音寺 下野薬師寺と置かれこれをもって、本朝三戒壇というそうです。
私は 昔より言われている 三○○等を観るのが好きですが、結果的にこれで三戒壇を観たことになりました。
写真は歴史館の屋上から見た薬師寺跡で、前方林の中に戒壇院跡があり、現在は六角堂が建っています。一帯は歴史の重みを感ずる又、心癒される(?)ところだと思いました。他にも見るところがありますので、暖かくなりましたら一度足をお運びください。(弁当持参が良いと思います)
コメント

江戸開城

2008-01-12 22:05:25 | Weblog
JR田町駅の近くに、幕末江戸を無血開城に導いた、西郷南州と勝海舟の会談場所を記念した碑(写真参照)があります。

私も始めてみたのですが、なかなか立派のものでした。近くのNECさんの敷地内には、薩摩屋敷跡 との石碑もはめ込まれていました。

ただ、ともに西郷吉之助書と彫られており、南州と吉之助はともに隆盛のことだと
思いますので、いかなる時期にしたためられたのか 考えているところです。

何方かご存知の方、教えていただけませんか?
コメント (1)

都鳥

2008-01-03 21:28:34 | Weblog
初歩きの途中 水道管?の上で羽を休めている 多くの都鳥を見つけました。
鳥も正月の休みか?規則正しく並んで日向ぼこをしている様子でした。

その向こう、運河をはさんで洒落たビアレストランがあるとのことです。
いつか報告したいと考えております。(楽しみにお待ちください。)
コメント