とだ*やすこの「いまここ@島本」

暮らしの豊かさ最優先!
ひとが主役のまちづくり!
大阪府島本町議会議員
とだ*やすこの活動報告

平成30年度一般会計予算、可決(終)

2018年04月09日 | とだ*やすこの町政報告
第26号議案平成30年度島本町一般会計予算に対して、人びとの新しい歩み(戸田・中田)を代表しての賛成討論(戸田)
これが最終になります。3つの記事を一気にUPします。

みなさんの暮らしに深く係る一年の予算の内容、税金の使い道!
ぜひとも目を通してください。


【山田町長の施政方針より抜粋】
第二幼稚園については、施設の耐震化や老朽化が課題となっており、また、園児数が定員を大きく下回っていることなどから、本年度末で閉園することとし、施設の解体設計業務に取組みます。また、跡地には、民間事業者による「認定こども園」の設置を進めてまいります。



最後にもう一点、第二幼稚園です。平成30年度で閉園、跡地に民間事業者による「認定こども園」を設置するという方針を掲げておられますが、さらなる熟議が必要です。

島本町立幼稚園設置条例を改正して、第2幼稚園を廃止する、すなわち公共教育施設をひとつ廃止することになるのですから、保護者の意見の徴収だけでは十分とはいえません。

島本町の未就学児の保育・教育を総合的見地から、識者の視点も交えて議論する場をなぜもとうとしないのか。行政の行うことに間違いがないという傲りがあるとしたら困ります。

位置的にみて第四保育所の耐震化工事の期間の受け皿になり得るのか、当該地で200人という定員規模の認定こども園を民間募集者が運営することが将来的に妥当なのか、懸念される点が多すぎます。

第二幼稚園の今後を主なテーマに、島本町の未就学児の保育教育の総合的なあり方について、学識経験者を招いて熟議することが平成30年度前半の必要不可欠な仕事であると申し上げて、人びとの新しい歩みの賛成討論とします。【終】


以上
賛成はするが「納得していない」という点について「討論」でその点を主張しました。「議会制民主主義」のシステムは、議員がそれを正しく理解して正しく運営すれば、少数派の民意もちゃんと届けることができるのです!

自民・公明・維新の8名の議員の離席・退席による定足数割で、議会がこのまま流れるのか?予算は否決されるのか?!という事態に陥った島本町議会最終日でしたが、山田町政2年目、平成30年度は手堅く粛々とスタートしています。

4月の人事異動、新人職員の入所で心機一転、山田町長の真価が問われる年度でもあります。引き続き島本町政、そして町議会に関心をお寄せ下さい。


画像
完成した新棟の外観
給食室・普通教室・学童保育室

第四小学校の給食試食会
鯖・小松菜・豚肉・汁もの
とても美味しい給食でした

ここに欲しいのはお茶
和食に牛乳はやはり変です

これは国レベルの課題
憲法改正の議論よりも
給食に係る基準を変えて欲しい
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【重要】平成30年度一般会計... | トップ | 島本町歴史文化資料館、開館1... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
元議長の見解は正しい? (町民)
2018-04-11 14:05:34
前代未聞の空白の議会お疲れ様でした。
ところで伊集院議員がご自身のブログ、ネガキャンに負けないvol.3で『町は事業主等から訴えられたら負け損害賠償ものです』と書いてますが、JR西側地区については今回の開発がなくなっても損害賠償は発生しないと聞いたと思うのですが、開発が出来ない=損害賠償発生=町は財政不安に陥る→合併につながる?ということになるのでしょうか?
一町民として不安になったので、伊集院議員の仰ることが正しいのかどうか確認したくコメントしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

とだ*やすこの町政報告」カテゴリの最新記事