岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「車キレイの専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

人も会社も伸びるかも!

2015年08月28日 | 商人
春に種を蒔けば実をつけますが 
冬だと種をまいても作物は育ちません。
当たり前のことですが 「種を蒔く時期」を知る為に
先人は星空を見上げ 太陽が上る位置を記録しました。
占星術が発達したのはこれが理由です。

何事にも「時」があるのです タイミングです。
種まきもそうですが 
釣りにおいても合わせのタイミングがピッタリ合うと針がかし釣り上げるが
早合わせで針が刺さらずに釣り落としてしまいます。
全ての事に「時」があり意味があります。
そしてほとんどの場合 「時」も「意味」もわかる人は少ないものです。

アマゴ釣りにおいて 知らぬうちに餌だけが取られて針だけになる場合も多々あります。
その場合 必ず魚が餌を口にして狡猾に針にかからないのです。
その微妙なシグナルを釣り人は感じることが出来ないのです。
つまり「へたくそ」です。 
名人と素人では釣果に大きな差が出るのがアマゴ釣りです。


                                        

個人商店から始まった零細企業 
零細でも企業であるからには 雑草のように
自ら種となり他の植物より先んじて葉を広げて光合成して
成長していくことを宿命としています。

他の植物が葉を広げきった領域を「タイヤ小売マーケット」ととすると
我々がさらに葉を広げるスキマは見当たりません。
無理やり入りこもうとしても 押しつぶされるほど
他勢力がひしめき合っています。
この分野は死んだフリをしてやり過ごすのが最良の選択と思います。

一方で車美容業はまだまだ大きな隙間がいっぱいある感じです。
ここに根を張ると成長できそうです。
雑草のしたたかさが零細の持ち味となれば
何とか生き残る道も開けるかもしれません。

今こそ 零細が成長の「時」を迎えている感じがします。
この先人口も減り需要が伸びない社会に向かう時
図体が大きいほど成長抑制因子が作用するはずです。


小さな小さな勢力には そこにチャンスを感じます。
零細だからが 強味の「時」が来ているようです。




ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毒キノコでした! | トップ | 雑草のスモールタイヤ商売! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

商人」カテゴリの最新記事