人とタイヤとキーパーコーティング!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 岐阜で専門店展開 ありがたいことです!

なぜ働くの? 私の青年から中年時代!

2015年08月31日 | 日記
昨日 若かりし頃のバカ面の写真を出してしまって
その写真が撮られてから35年経ったも
バカ面を恥ずかしくも出すバカに気が付いて 
バカはバカのまま歳を重ねるようです。

そんなバカでも 
自らのバカさに気が付いて
バカはバカなりに自己を客観視することが出来たので
自分と自分の仕事の座標を知り 
自力の限界と他力の発見と取り込み活用に結びつき
タイヤ商売を始める事が出来て 
経営という当たり前のことが 
その移り変わりに関心を抱かせ
未来を観る視点が育ち 
車美容業という新しい道に進む決断ができちゃったわけです。

「バカとは人様が無謀と思うことをする事を指す。」とするなら
その別名は「若さ」と言えるかもしれません。

カーセールスの仕事と車と天秤にかけて車を取り 無職なり住処と収入を失った。
カーショップを辞めてしまいまた無職になった。その時は妻子がいた。       ・・・・2度目のどん底
タイヤショップができるかもとふと沸いた予感で 
建設業アルバイトをしながら店の場所を探すなかで
友人のツテで有力者を紹介してもらいその協力を得て 小さなタイヤ屋を開業した。
いきなりトラブルを抱え最初の支払いが出来ず苦境に陥った。           ・・・・3度目のどん底
返品することで信用を失い店が空っぽになったので
外した中古タイヤをせっせと磨いて賑わいに並べた。

なんとそのタイヤを買いたいというお客さんがきた~。
そのうえ高山市の石原さんという同業先輩がポリマー加工を始めたので 
お前もやれと誘ってくれました。

それからです、 
開店早々潰れる寸前の店が 立ち上がって行きました。

                                             
車の為に働くといった未熟さから
一転しカーショップで働かせてもらい
のめり込みすぎて自分を見失い 
また無職という2度目のどん底から 
無謀にもタイヤ屋のオヤジに立場になり 
なった途端倒産の危機という状況になって
3度目のどん底から どうやら目が覚めてきた感じになってきました。

自分の都合でなく 
店はお客様の立場と都合で成り立ち
お客様に認めていただき 信頼を得ていかねばならないということを叩き込まれたわけです。

車のセールスという仕事で 
「売るということは 売りつけること」というような
身につけた傲慢さが見事に剥離されたのが
3度目のどん底の体験で
「売ることは 買っていただくこと」と私の中でコペルニクス的な転換が行なわれました。
「買っていただくには 夜遅くまで他店様より遅くまで営業する」となり
朝10時から夜10時までの営業を始め
大勢のお客様の支持を集めていったことにつながりました。



まさに「どん底」というピンチはチャンスを連れているようです。
「どん底」を逆境といいますが そこを経験することが
次の成長につながる関門のようです。



そして次のどん底4度目が やってきたのは中年を過ぎて老年に入ろうとする時でした。
続きはまた今度・・・・。








ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« なぜ働くの? 私の青年時代! | トップ | おめでとうございます、お招... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事