岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「車キレイの専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

キーパープロショップの多様性!

2015年08月24日 | コーティングビジネス
自然界にはいろいろな動物や生物・植物があることで多様性を表現していますね。
私の生まれ故郷である下呂市も里山は 
いろいろな動植物がいて 人里へ猪などが下りて来て
畑を荒らしたりするのですが 猪は当たり前のこと食事をしているだけです。

「猪は人間が丹精込めて作った作物を喰い散らかしてしまう。」と害獣扱いするのは
ある意味人間のエゴのような気もします。
シロ・クロをつけずにどこかで折り合いを付ける生き方をすると
共存共栄の関係が構築できるかもしれません。
もし 猪はケシカランといって居なくなってしまえば
それはそれで異常なことです。


自然に多様性があることが健全であるように
店や店舗も多様性があることが 豊かな社会につながる感じがしませんか?

ファーストフードの勝ち組と言われたマクドナルドがもの凄い逆風にさらされています。
数年前 ビジネスのやり方として「安売り」を仕掛けて他社を駆逐し市場を独占するような
やり方をしていました。

これは自然の掟に逆らったやり方自社独占の強欲的であったようです。
自然は多様性を保つバランス感覚をもっています、
ビジネスの世界もおそらく同じです、 
多様性が脅かされると 
そのしっぺ返しを受けるのが
原因結果の法則として ビジネスの世界にも
目には見えないけど作用しているとしか考えられません。

最安いとき1個65円だったハンバーガー
私たちはお値打ちだと 始めは物珍しさで飛びつきましたが
やっぱり飽きが来てしまい 今では誰も振り向きもしなくなりました。
人も自然を構成する一員ですから 
無意識に多様性を脅かす存在には 
味方しなくなるのは理屈でなく防衛本能ですね。


その時に マクドナルドの社長を務めていた人は
次に進研ゼミで有名なベネッセの社長に就任した途端
大規模な情報漏えい事件に遭遇しました。
自然は多様性を脅かす行為が 
商行為であってもちゃんとケジメを付ける
バランス感覚を持っているとしか
思えません。

                                              

キーパープロショップが伸びるのは 
この多様性を認めているからだと思います。
私たちのようなタイヤ屋でも 大歓迎でいろいろ教えてくださり
キーパーの商売が上手く行くようにしてくれる。
また 隣のガソリンスタンドさんがキーパーに力を注げば
それもありで隣がキーパープロショップだからといって
遠慮せずにキーパープロショップに登録される。

独占とか一人勝ちとかを志向するのでなく
品質の維持以外であれば 何でもありの多様性重視ですね。
これは自然が味方についてくれます。

お隣はお隣で頑張って 私たちは私たちで頑張る。
同じキーパープロショップであっても
専門店型とガソリンスタンド併設型の違いで
お客様の客層も違うわけで共存するのです。

排他的でなく独占的でなくそれぞれ認め合う関係が多様性の根本です。
キーパープロショップはまさに多様性の中にあります。
みんなが切磋琢磨しあう 
一人勝ちを排除する自然界そのものような多様性のある集団が伸びる秘訣じゃないかな?

キーパープロショップ岐阜店の居心地の良さ
観葉植物ゴムの木に キノコが育ちました!
種類不明?


マクドナルドは大きくなる過程で 
とても排他的になり 自らの強さを誇示して
他社の存在を否定するような商売を志向しました。
それはグローバリズムという効率第一 
利益の最大化という 日本で言う「ひとでなし」のやり方をしたからです。

「人」を効率に奉仕させるから「ひとでなし」です。
資本主義で正しいとされる事をやりすぎると「ひとでなし」となり
自然界の価値「多様性」に対して 知らぬうちに敵対しまう怖さです。

独り占め・強欲・効率第一よりは 共存共栄が自然です。 
コメント