ラブラドールと暮らす☆ブログ i looooove venus!

ラブラドールのヴィーナスとミックス犬のハッピー。犬たちに教わる大切な事、いっしょがうれしい毎日の事の記録です。

介護はじめ

2008-12-30 23:05:36 | ラブラドール ヴィーナス
3ヶ月半ぶりに
祖母が退院した。

本人にも家族にも
ちょっとうれしいニュース。

退院の前は
ほとんど食欲がなかったのが

今日は
水羊羹とスイカが食べたい、と言って
美味しそうに食べた。

そして
ずっと飲みたかったあつ~いお茶。

あれもこれも望みが叶って疲れた、、、と。。。



介護はじめ、

どこかに
しあわせな介護のコツは
がんばりすぎないこと、
できないことはできないとはっきり言うこと、と書いてあった。

そうかも知れないとおもう。

介護は
される人とする人、というより
家族だから
いっしょに生活をする、というつもりで
気楽にいきたい。


ひとつだけ困ること

ヴィーナスが
祖母の事をしている間中
吠えている
どうしてだろ・・・

2時間も。。。

犬のしつけの本に
2時間も吠え続ける犬はいないから・・・

と書いてあったけど


ヴィーナスは

いつも

規格外。



コメント

キャノンのラブラドールより

2008-12-29 19:47:30 | ラブラドール ヴィーナス
先日

キャノンの一眼レフのCMを見て思ったこと。。。




「あのラブラドールより

うちのこの方が100倍かわいい!」




ぁああ、


だから?

とか

それで?

とか

聞きっこなしです。



多分世界中のラブラドールの飼い主さんたちが思っていることですから。




コメント (4)

お日さまがすき

2008-12-27 21:11:13 | ラブラドール ヴィーナス



ままより

あったかいお日さまが好きです、、、って

その背中が語ってるような・・・・




明日はお散歩、きっとね。


明日はいっぱい一緒にいよう、、きっとね。
コメント (2)

年末年始

2008-12-24 21:55:11 | 独り言
年の瀬、

父のことがあるので
年賀状もなし、
新年のお飾りもなし、
クリスマスもなし。

けど

お休みになる前に
わんことにゃんこようのフードやらサプリやら
頼んでおかないとね。

モモちゃんも
先日、動物病院でインターフェロンの注射をしてから
ごはんが食べられるようになってよかった・・・

副作用のことも考えるけど
まず、ももちゃんの場合は
食べて抵抗力をつけることだものね。


モモちゃん用ごはん →→→
  
ヴィーナスとハッピー用ごはん →→→
コメント (2)

アジソン3ヶ月ぶりの検査

2008-12-18 22:34:27 | アジソン病
アジソンの検査3ヶ月ぶり。

ナトリウム:カリウムは 36:1    バッチリ!

その他の検査も全て正常値。


へへ、
うれしいです。


今月でヴィーナスのアジソン歴はまる3年。。

ちょっと苦しかった時期もあったけど
今はとっても調子がいいです。

2歳の、あのころを思い出します。

そうそう、
毛も抜けないようになって、、、

いつも診察台の上が真っ白になるのに
ほとんど抜けず
「ラブラドールでこれほど抜けない子も珍しい」と先生のお言葉。

ありがとうございます。



アジソンとわかったとき、
どんなにがっかりしてつらかったかを思い出します。

アジソンは治らない病気だと言われています。
でもでも
ヴィーナスはとっても元気にアジソン歴4年目を迎えます。



世界中のアジソンのことママたちが明日も元気でありますように。




獣医の先生に、
ヴィーナスを私より管理してくださるトレーニングの先生に、
自然食のフードとサプリに
タンポポ茶に
広~いグランドに、
太陽に、
つきに
星に
全てに感謝です。

あ、
そうそう
グランドで走るときに
ヴィーナスをいらいらさせるハッピーにも

感謝。。。なむなむ。

コメント (4)

ホームステイ

2008-12-16 18:40:02 | ラブラドール ヴィーナス
アジソン病の子の大敵はストレス。

今回みたいなとき、

まず、
お散歩ができない。

留守がちになる。

わんことかかわる時間が少なくなる・・・
ももちゃんもいるし><


ちょっと
アジソンの子のままとしては
ひやひやです。


それでも
ヴィーナスは
わたしの気持ちも知ってかしらずか・・・

元気に乗り切ってくれました。








ヴィーナスたちは
父の具合が悪くなってから
初七日まで
知り合い宅にホームステイさせていただき




毎日グランドで走り回る・・・という
夢のような待遇を受け



大満足で帰ってきました。










犬と暮らすことも
ももちゃんをうちの子にすることも

母の反対を押し切れたのは
父の後押しのおかげ。

特にハッピーは
父のご寵愛をうけていた。

それから
ももちゃんのことはかわいそうだと
いつもひざに抱いていた。


わたしの中に父が生き続けるように
ハッピーの中にも
ヴィーナスの中にも
ももちゃんの中にも

父はいきているのかなぁ。

コメント

ふたなのか

2008-12-16 16:06:48 | 独り言
父が亡くなって七日が2回、
二七日(ふたなのか)。

ぽっかりあいた穴は
まだまだ埋りそうにないけど、、、

でも、
ちゃんと起きて
ちゃんとご飯も食べられる。

父が守ってくれているのかな、と。


いっしょに住んでいなかった
姉や妹は
これからはいつも一緒にいるきがする、、と。

うんうん、
私もそう思う。

だけどね

家中の
あそこにも
ここにも
父がいて



いつもの明るい笑顔と
優しい言葉ばかり


つい、、

ねぇ。

コメント (4)