スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

沖縄と偽天皇

2018-06-13 16:10:27 | バチカン  王室  皇室  宗教






日本の偽天皇が沖縄島民を蹂躙し、米国に長期占領を懇願したのには訳がある。


世界最古の釣針が琉球で発見された通り


http://www.bbc.com/japanese/37405022



人類に魚釣を教えた中国神話の人文の始祖・伏羲天皇は、琉球の海人ですから。


本物の天皇の子孫は海人‼




◎ 沖縄に基地が集中するきっかけを作ったのは昭和天皇


アメリカによる沖縄の軍事占領が「25年から50年、あるいはそれ以上にわたる長期の貸与(リース)というフィクション」のもとでおこなわれることを求めるという内容のメッセージを1949年9月に天皇は出しているのだ。(豊下楢彦著『安保条約の成立』)



 レムニッツァーが民政長官だった時期とアメリカで先制核攻撃の計画をスタートさせた時期は重なる。
当然、基地化が進められた沖縄は核戦争の前線基地と位置づけられていたはずだ。



 そうした沖縄だが、現在のアメリカ軍にとって重要度は当時よりかなり低くなっている。


攻撃された場合、在日米軍は簡単に壊滅してしまう脆弱さを沖縄の基地は抱えているが、攻撃拠点と考えれば意味があり、「殴り込み部隊」とも言われる海兵隊は沖縄に基地が欲しいかもしれない。



 その海兵隊が使っているオスプレイを重要視しているのがネオコン/シオニスト。



ソ連が消滅した翌年、1992年にネオコン人脈はDPG(国防計画指針)の草案を作成した。


国防次官を務めていたポール・ウォルフォウィッツが作成の中心的存在だったことから「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれ、バラク・オバマ政権もこの政策に従っているようだ。


このDPGに基づいてネオコンのシンクタンクPNACが書き上げ、2000年に公表した『アメリカ国防の再構築』にはオスプレイの必要性が主張されている。



 DPGはアメリカが「唯一の超大国」になったという認識で書かれた指針で、その軍事機関として位置づけられているのがNATO


活動範囲も加盟国も拡大させ、東アジアもカバーしようとしている。



NATOは中東/北アフリカやウクライナでも「アメリカの関東軍」的な役割を果たしている。


そうした勢力を背景にしているウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は11月13日にオデッサTVで東/南部の住民について次のように演説している:


 「我々には仕事があるが、奴らにはない。我々には年金があるが、奴らにはない。我々は子どもや人民や定年退職者の面倒をみるが、奴らは面倒をみない。


我々の子どもは学校や幼稚園へ通うが、奴らの子どもは地下室に隠れるだけだ。奴らには何もできないからだ。こうやって我々はこの戦争に勝つのだ。」


 ポロシェンコ大統領は住民への爆撃を認めている。


こうした思考回路をするアメリカ/NATOやその仲間たちを拒否する意思を明確に示したのが今回の沖縄知事選だ。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201411170000/







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« NWO日本支店の直接支配は 朝... | トップ | 日本に巣食う明治ヤクザ国家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バチカン  王室  皇室  宗教」カテゴリの最新記事