スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ギリシャ外交官らを追放   北制裁拡大を阻止   シリア南西部テロ破壊

2018-08-10 20:20:23 | プーチン ・ ロシア



8.7 露、ギリシャ外交官らの追放を発表


ロシア外務省は、ギリシャのフリガナス駐ロシア大使に対し、


「ロシアの外交職員及び市民に対する7月のギリシャ政府による非友好的行動」に対抗して承認された、同じ内容の報復措置に関する通告文書を手渡した。


ギリシャは7月11日、同国からロシアの外交官2人を追放し、さらに2人のロシア外務省職員によるギリシャへの入国を禁止すると発表。


ギリシャ政府は、この外交関係者らがギリシャの内政に干渉し、国家安全保障に脅威を与えた上、地元の政府関係者らの買収を試みたとして非難した。






8.10 露、安保理での米による対北朝鮮制裁拡大要請を阻止


朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関する国連安全保障理事会の委員会で、米国による制裁拡大要請をロシア政府が阻止したと、ロシア外務省が発表した。


米国の要請は、北朝鮮に対する制裁体制に違反して違法活動を行っているとする、ロシアの銀行「アグロソユーズ」を含む新たな個人・法人を制裁リストに加えることを求めていた。



同省は、北朝鮮に関する複数の制裁リストを拡大させる提案の根拠として米国が示した、基盤となる証拠について、説得力に欠けると評した。



同省のコメントでは、


「自国の提案の根拠として米国によって提示された、基盤となる証拠には、説得力が全くない」と述べられている。



ロイター通信は先に、複数の外交官の話として、米国が10日、安保理の委員会に対し、新たな個人・法人をブラックリストに追加するよう求めたと伝えていた。


これらの個人・法人とは、先に米政府によって北朝鮮に関する米国の制裁リストに加えられたロシアの銀行や、モスクワで活動する北朝鮮の銀行家、平壌で外国為替業務を主導する銀行が関与しているとされる企業2社。










8.9 シリア南西部のテロの温床を完全に破壊=ロシア外務省


シリア南西部のテロの温床は完全に破壊された


テロリストから解放された地域での正常化プロセスは完了しつつある。


ロシア外務省のザハロワ報道官が明らかにした。



「シリア南西部でテロの温床が完全に破壊され、ヨルダン国境沿いのコントロールが回復した。テロリストから解放された地域での正常化プロセスは完了しつつある。」


ザハロワ氏によると、クネイトラ県やダルアー県にある解放された居住地域ではインフラ復旧が始まっており、帰還する民間人への援助が行われている。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アレックスジョーンズを破滅... | トップ | 日本の地上起爆 を 米の投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

プーチン ・ ロシア」カテゴリの最新記事