スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

10分でハッキング    最優秀のプログラマー

2018-08-16 15:01:44 | 市民サイト マスコミ  ネット






8.15 米選挙システムに小学生が10分でハッキング


米国でハッカーらの集まるイベント「DEF CON」が行われ、米国の選挙システムのサイトのコピーに侵入を図るコンテストで11歳の小学生エンメット・ブリューエル君がわずか10分でハッキングに成功した。


エル・ペリオディコ紙が報じた。


報道によればエンメット君は選挙システムのサイトに楽々と侵入し、フロリダ州の選挙結果の改ざんに成功した。


エンメット君のほかさらに6歳から17歳のイベント参加者35人がシステムへのハッキングに成功している。


ティーンエイジャーらは短時間に侵入できたのみならず、当選者の名前や候補者らの獲得票数も改ざんすることができた



組織者側は、イベントで選挙システムのサイトのセキュリティー度をテストし、その脆弱性に焦点をあてるのが狙いだったと語っている。


一方で組織側は、現在の選挙システムはユニークなネットと最新のセキュリティープロトコルによるユーザー・データーベースを用いているため、イベントで使われたものよりもはるかに侵入は困難になっていると指摘している。











8.16 ペテルブルクの学生、世界最優秀プログラマーと認定


サンクトペテルブルクから出場した23歳の学生、ゲンナディ・コロトケビッチさんが、トロントで閉幕したプログラミングの国際コンテスト「Google Code Jam」で、世界最優秀プログラマーとして認定された。


コロトケビッチさんにとって、認定は今回で5回目。


このような成果は、2003年から開催されている同コンテストの歴史上、どの出場者も達成していなかった。



同コンテストには、あらゆる希望者が参加できる。


最初に予選ラウンド、その後に3ラウンドによるシリーズ戦が行われ、この3ラウンドが終わると決勝に残るのは上位25人となる。


決勝以外の全ての試合は、オンラインで行われる。


決勝は毎回、様々な国で行われる。


同コンテストは今年、5万人の参加者を集めた。


上位3人は、文字通り最後の数分で確定された。


決勝進出者は、4時間で5つのアルゴリズム問題を解かなければならなかった。




優勝したのは、104点を集めたコロトケビッチさん。


96点だったポーランドのカミラ・デボウスキさんと、86点を集めた日本の副島真さんを上回った。



コロトケビッチさんは今後、サンクトペテルブルク情報技術・機械・光学大学(ITMO大学)大学院に入学する。


コロトケビッチさんは、同大学院の入学試験の1つに、直接カナダから遠隔で合格した。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ロシア・北朝鮮    南北朝鮮 | トップ | ピザゲイト   カニバリズム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民サイト マスコミ  ネット」カテゴリの最新記事