スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

インドネシアに圧力 ロシア戦闘機の購入破棄?ダイバー死亡 ブラックボックス

2018-11-11 18:57:07 | 露中vs戦争や  中国  アジア



11.10 インドネシア、ロシア戦闘機の購入取引破棄もあり得る


インドネシア空軍のサミエガ報道官は、米制裁の制裁が発動されればロシア戦闘機スホイ35の購入契約が破棄される可能性があると述べた。


軍事情報メディア「Jane's」が報じた。


「Jane's」によると、米国が厳しい制限措置を発動すれば、インドネシアはスホイ35に代わる機体を模索せざるを得ない。そして同サイトによると、最も適当な代替機は米F-16戦闘機だ。


以前報じられたところ、インドネシアは、今年始めに署名した11機のスホイ35を購入するという合意の実施を延期した。


その理由は、米国がこの合意を理由に「敵対者に対する制裁措置法(CAATSA)」によって制裁を発動する可能性があるためだ。



だがインドネシアのリャミザルド・リャクドゥ国防相は先月、圧力を理由に購入を中止するつもりはないと表明していた。






11.4 ライオン・エア機墜落 乗客捜索中にダイバー死亡 インドネシア


ライオン・エア機が墜落したインドネシア沖の海域で乗客の捜索活動を行っていたダイバーが死亡した。


亡くなったのはシアルル・アントさん。48歳。


捜索救助部隊司令官であるイスワルト大佐が明らかにした。シンガポール最大手紙ザ・ストレーツ・タイムズが報じた。



ザ・ストレーツ・タイムズによると、事件は現地時間2日16時半(日本時間18時半)に起きた。

死因は減圧の問題だと見られている。アントさんは病院に搬送されたが、死亡した。遺体は親族に引き渡された。



アントさんは複数の救助活動に参加経験を持つ最も経験豊富な救助隊員の1人。


大地震が起きたインドネシア中部スラウェシ島で救助活動にも参加し、1週間前に戻ったばかりだった。



https://twitter.com/STcom/status/1058563818358362112/photo/1




​29日、ジャカルタ発スマトラ島行きのライオン・エアのボーイング737 Max型機が、インドネシア西ジャワ州沖に墜落した。


同機には乗客乗員189人が搭乗していた。生存者はいないと報じられている。


今回の事故は、昨年5月に納入が開始された第4世代のボーイング737MAXで初めてのものとなった。


なお、機長と副機長は経験豊富だったという。












11.5 墜落機の計器に不具合 ブラックボックス解析で判明 ライオン・エア機墜落


インドネシア国家運輸安全委員会はオーストラリアの専門家と連携し、同国沖で墜落したライオン航空のJT610便(ボーイング737型機)のブラックボックスからデータを読み取ることに成功した。


同国の大手ニュースサイト「Detik」が報じた。


データは最後の飛行を含む同機の情報69時間分を有している。



インドネシア沖で墜落したライオン・エア機は対気速度計が故障していた


国家運輸安全委員会のSoerjanto Tjahjono委員長が同機ブラックボックスのデータに基づいて発表した。


委員長によると、この計器の故障が原因で、パイロットは速度と高度について不正確なデータを有していた。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« テロは 戦争や 黒幕が犯人... | トップ | 東エルサレムがパレスチナの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

露中vs戦争や  中国  アジア」カテゴリの最新記事