スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

シリアでの安全   イスラエル・シリアの責任とする

2018-09-19 14:59:18 | シリア ・中東


☆ 時系列は 新しいものから




9.18 プーチン大統領:ロシアはシリアにおけるロシア軍人の安全を強化する


ロシア軍機IL-20がシリアで撃墜されたのを受け、ロシアはシリアにおけるロシア軍人の安全保障を強化する。

これらの措置はすべての人にとって明確なものとなる。

ロシアのプーチン大統領が、ハンガリーのオルバン首相との会談後の共同記者会見で、ロシア軍機撃墜に関する質問に答えた。


IL-20型機撃墜について「悲劇的な偶然の連鎖だ」と指摘し、

「特にこのような悲劇的な状況で人々が非業の死を遂げるとき、これは常に不幸であり、不幸は我々全員にとって、国々にとって、

そして非業の死を遂げた我々の同志の近しい人々にとって不幸である。


これを受け、私はもちろん命を落とした人々の近親者に哀悼の意を表明する」と述べた。


なおプーチン大統領は、シリアでのIL-20型機撃墜と、トルコ軍によるロシアのSu-24型機撃墜事件を比較しないよう呼びかけた。






9.18 露外務省、イスラエル大使を呼び出し シリアでの露軍機撃墜に関連


ロシア軍機「イリューシン20」がシリアで墜落したことを受け、モスクワに駐在するイスラエル大使がロシア外務省に呼び出された。同省で明らかにされた。


これに先立ち、ロシア国防省では、イスラエル軍パイロットらがロシア軍機を使って身を隠し、イリューシン20をシリアの防空設備による射撃にさらしたと発表していた。


同省はイスラエルに責任があるとしたものの、イスラエル政府は今のところコメントを拒否している。










9.18 イスラエルが公言 露軍機IL-20撃墜はシリアの責任


イスラエル軍はシリアでのロシアのIL-20撃墜の責任を否定した


イスラエル側は、撃墜の責任はシリア、イラン、レバノンの「ヒズボラ」にあるとの考えを示す一方で、

同国空軍が深夜、シリア軍の拠点を爆撃をした事実についてはこれを認めている。



イスラエルは、ロシアが撃墜の責任はイスラエルにあるとする声明を表した後、初めて表した公式的な反応に次のように書いている。



「イスラエルは、ロシア軍機を撃墜したのはアサド体制(シリア大統領の政権)の軍人らであり、その体制がこの事件の全責任を負っているとみなしている。


イスラエルはまた、イランおよびテロ組織『ヒズボラ』にも責任があると考える。」



またイスラエルはロシア軍機撃墜に関して哀悼の意を示すとともに、ロシアに対して事件解明のために必要なあらゆる情報を提供する構えを表した。







アレッポの石鹸 オリーブオイル 200g 【並行輸入品】
クリエーター情報なし
ティ・エス・プランニング




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮実験場  共同宣言 ... | トップ | プルトニウム輸出世界1 は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シリア ・中東」カテゴリの最新記事