スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

今も宇宙戦争 / アイゼンハワーのひ孫が伝える 米は悪エイリアンとコンタクトをした  

2016-10-27 16:10:41 |  宇宙  ロボット AI 技術


☆ すべての記事に同調してはいないのですが この記事に関しては 感じていた通りでした。









第3次世界大戦は起こらない

ロシアが 宇宙人から手に入れた技術で開発した 2つの新型核兵器


 
先の記事で、第三次大戦は起こらないとしましたが、その根拠がこの記事にあります。


ロシアは、たとえ第三次大戦が悪人どもによって引き起こされたとしても、ロシア国民を守る強い意志と、悪人の恫喝には決して屈しないことを示しました。

プーチン大統領のこうした態度の裏付けは、記事にあるように、“一発でテキサス州を吹き飛ばせる新型核兵器”と、

おそらく敵の攻撃を無力化する“新型の電子兵器”にあります。


要するに、敵の攻撃は無力化し、一方的に新型核兵器で敵を殲滅することが出来るのです。


 精神世界関係の情報によると、一瞬にして敵の動きを凍結したり、核ミサイルを石ころのように爆発しないようにする技術があるようなのです。

ロシアは、協力的な宇宙人から、これらの先進的な技術を手に入れたのだろうと思っています。

悪との戦いは、今やクライマックスを迎えていますが、すでに勝負はついています。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/






◎ 「核地獄」到来! と西側タブロイドが騒ぐロシアの新ミサイル(写真) © Sputnik/ Vladimir Fedorenko

英米のタブロイド紙がロシアの新型ミサイルRS-28「サルマト」の脅威を書き立てている。

同ミサイル、西側でのコードネームは「サタン-2」

「サルマト」が登場するやいなや、サン紙など西側の大型紙はこぞってこれで「核地獄」になると断言した。


「専門家らは、第3次世界大戦でも始まろうものなら、プーチンの『サタン』は米国の東海岸など地球の表面から数分間で剥ぎ取ってしまうと警告している。」


サン紙の記事にはこうした記述がなされている。 サン紙がこうした記事の根拠にしたのは米国の経済政治評論員ポール・クレイグ・ロバーツ氏のコメント。


ロバーツ氏は別の記事の中でこうしたミサイルを使用すればニューヨークなどほぼ全滅し、イースコートも5-6分で全部が破壊されると書いている。



英国デイリーメール紙もRS-28を「西側にとって最も深刻な警告」と呼び、さすが英国の新聞らしく「『サルマト』は地球の表面から米イーストコートではすでになく、英国およびウェールスを剥ぎ取る」と「剥ぎ取る」位置を自国に移して表現。



米ニューヨークポスト紙も「恐怖を運ぶ核ミサイル『サタン』は地球上に地獄を創造できる」と書きたてた。


このように西側タブロイド紙は、ロシアの国立マキーエフロケット設計局のサイトに現れた「サルマト」の研究開発用の図にこれだけの反応を示した。


RS-28「サルマト」の軍備予定は2018年から。 先に米ニューヨーク・タイムズ紙が伝えたところでは、米国は、ロシアが間もなく新たな巡航ミサイルを装備に採用する可能性があると危惧している。










エイリアン・アジェンダを暴露した内部告発者が死体となって発見/アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略

2015/10/26 20:08
ジョージア・ガイドストーンに書かれたエイリアン・アジェンダ






エイリアン・アジェンダを暴露した内部告発者が死体となって発見されました。

フィル・シュナイダー氏(政府のブラック・プロジェクトに17年以上携わってきた地質学者兼エンジニア)は近代史上最も重要な内部告発者の一人でした。


1995年9月に、シュナイダー氏は、NWOアジェンダについて及びNWOが地球外生命体と関連していることを暴露しました。彼は、スピーチを行っている最中に地球外の金属や遺物、地球外生命体の写真などの物的証拠を提示しました。



しかしPreparedness Expoでスピーチを行った後、6ヶ月も経たないうちに彼は自宅(アパート)で死体となって発見されたのです。


彼の首にはピアノのワイヤーが巻き付けられていました。この方法は軍がよく行う処刑の方法です。

シュナイダー氏は、殺害される前に何度も残忍な拷問を受けていたことが分かりました。しかし当局は彼の死因を自殺と公表し闇に葬りました。



シュナイダー氏は長年、地下軍事施設(DUMBS)で働いていました。

彼によると、エイリアンについての情報は極秘に扱われ、我々が知ることは絶対にありませんでした。

しかし米軍は1909年からエイリアンの存在を認識していました。

さらにシュナイダー氏は毎年5000億ドル以上もの資金がエイリアンと関連するブラック・プロジェクトに注ぎこまれていると伝えました。 アメリカのGDPの28%が闇予算として地下基地の建設費に使われてきました。そして今でも闇予算が使われ続けています。






http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1076.html




☆ 善なるエイリアンは 高い 平和の技術を教えようとする 米は アイゼンハワーのとき 悪エイリアンと連携した ということらしいです。
ケネディの死後 「美しい金星人とのコンタクトがあったことを伝え その高い技術で 人々に幸福を約束したい、どうか、驚かないでください というような内容の メモが残されていたようで、宇宙や 宇宙人のことを 正直に 世界に伝えようとした。そのこともまた、暗殺の一つの理由と書かれてもいました。









https://youtu.be/gLO8cpZ9cR0








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明らかになってきた/イスラム... | トップ | 対立を煽ったのは闇サイド/イ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宇宙  ロボット AI 技術」カテゴリの最新記事