スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

カバノー氏 承認される

2018-10-06 22:19:03 | (旧 新) 米国








10.6 米上院 カバノー氏、最高裁判所判事最終承認へ


米国の上院議員は、米連邦最高裁判所判事に指名されたブレット・カバノー氏の候補に関する審議を打ち切り、最終承認に移行することを賛成多数で可決した。


上院議員51人が賛成、49人が反対した。最終承認は上院で6日に予定されている。マスコミが報じた。


トランプ米大統領は投票結果を歓迎し、ツイッターに「米上院が、ブレット・カバノー判事の承認手続きの継続に賛成したことを非常に誇りに思う」と投稿した。



トランプ大統領は7月10日、カバノー氏を米連邦最高裁判所判事に指名したが、民主党のメンバーが反対した



米上院司法委員会は今回、カバノー氏によるセクハラ疑惑の被害者とされる女性の1人による証言を聞いた。


パロアルト大学のクリスティン・ブラジー・フォード教授が、30年と少し前に客として知人らのもとを訪れていた際、男2人に襲撃されてベッドに押し倒され、2人のうち1人の男が衣服をフォード氏から脱がせようとしたと語った。


この男が、現在米連邦最高裁判事の候補であるカバノー氏だったとされた。


カバノー氏は、当時その場所に自らがいたとの事実を否定している。




☆ 作られたような スキャンダルに 勝ちましたね。


悪いものの粛正が 明治日本にも及ぶように ・・・









コメント

猛毒入り封書  プーチンもターゲット

2018-10-06 20:05:08 | 罪と罰  戦争  テロ  災害







10.6 プーチン大統領もターゲットに? 猛毒リシン入り封書送付の米容疑者が自供


米政府高官宛てに猛毒リシンが抽出可能なヒマ種子を含む郵便物を送付した容疑で逮捕された米退役軍人が、


「有毒な」郵便物をウラジーミル・プーチン露大統領宛、および英国のエリザベス国王にも送付していたことを明らかにした。



今月2日、米国防総省、ホワイトハウス、連邦捜査局(FBI)宛に猛毒リシンが含まれているとみられる不審な郵便物が送られた。


調査の結果、米退役軍人のウィリアム・クライド・アレン三世容疑者が逮捕された。


今月5日、容疑者に懲役10年が宣告された。


米ユタ州ソルトレイクのメディア「KUTV」が伝えるところによると、容疑者は今年9月24日、自宅付近の郵便局から郵便物を送付した。


同容疑者は調査員に対し、各郵便物にヒマ種子を入れたこと自供し、同様の郵便物をジェフ・セッションズ米司法長官、エリザベス国王、およびプーチン大統領にも送付していたことを明らかにした。



取り調べの結果、容疑者がヒマ種子100粒をインターネットで入手していたことが分かった。



裁判所文書にはヒマ種子に猛毒リシンが含まれていると記載されている。


容疑者は、「ヒマ種子からのリシン抽出は比較的容易だ。専門知識は必要ない」と述べた。



☆ エリザベスの名があります ?

むしろ 犯人サイドと思うのですが

エリザベス暗殺計画の発信も ありました。










コメント

米ドル利用 イラン・露・トルコと米ドル  露ドル決済放棄  仮想通貨

2018-10-06 19:14:03 | NWO   金融   NGO  国連  銀行


9.15 露外相 米国は懲罰の手段としてドルを利用


セルゲイ・ラブロフ露外相は露国営テレビ局「第1チャンネル」で、米国は同国にとり不都合な国家に対しての「懲らしめ」の手段として米ドルを使用しているとの考えを示した。


「もっとも明白な一例がドル基軸通貨体制だ。


これは正しいであろうか?思うに、正しい。


世界各国がそれに同意を示し、数十年にわたり現体制下で生活してきた。


米国が世界の基軸通貨発行国としての責務を果たすことに期待したい」と述べた。






9.9 イラン 露・トルコ首脳と協議 米ドル影響緩和へ


イラン中央銀行のアブドルナーセル・ヘンマティ総裁は、米ドルを介さない貿易に関してロシア・トルコ両首脳と意見を交わした。テヘラン・タイムズ紙が伝えた。



テヘラン・タイムズ紙は、米ドルが三国間貿易に及ぼす影響を緩和するにあたり、自国通貨を用いた貿易が必要になると報じている。










10.3 露政府がドル決済放棄を計画との報道


ロシア政府が、同国経済によるドル放棄プロジェクトを準備していると、3人の消息筋がニュースサイト「ベル」に語った。


主な重点は、基本的には人民元やユーロ、ルーブルといった通貨での支払いを行える可能性を作り出すことや、為替管理の緩和、及び為替に関する法律全体の自由化に置かれることになる。


プーチン大統領も2日、この提案を支持すると表明。


コスチン頭取の提案は、度重なる対ロシア制裁の導入リスクを背景に生み出された










10.6 ベネズエラ、パスポートの支払いを仮想通貨で


ベネズエラでは、パスポート受領の唯一の支払い手段が、仮想通貨ペトロになる。5日、ベネズエラのロドリゲス副大統領が明らかにした。



ロドリゲス氏は


「11月1日から、パスポートの支払いはペトロで行われる

パスポートの新規発行は2ペトロ、更新は1ペトロだ」と発表した。ロシアのマスコミが報じた。


なおペトロのレートは、ベネズエラ産原油1バレルの価格と同額の約60ドル。











コメント

ロシアの秋

2018-10-06 19:13:19 | 感じるロシア


モスクワ
























ロシア

綿の収穫





















コメント