グレンおばさんのお花畑

家族の記録、季節の花たちの写真をポツリ、ポツリ紹介していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一日坊主

2007-05-24 18:19:39 | weblog


日に日に重くなってくるのはフーだけではない
代謝が悪くなってきているのに食べる量はかわらないし
また、食べ歩きが大好き!ときているので
私の体重も増加の一途をたどっている

このままではいけない!と何度思ったことか
今回もなんとかせねばと思い、車通勤をやめて歩くことにした
折りしも、5月の好天気 片道2.5キロはちょうどいい距離だ
月曜日の朝、いつもより30分早く家をでた
カメラ片手にスニーカーを履いて、帽子も冠った
家々のバラをみたり、側溝に逃げ込む猫のあかちゃんをみたり
意気揚々と会社に到着

白猫ちゃん、見えるかな? お母さん猫は近寄らせまいと「フガー、フガー」と威嚇してた

1日の仕事を終える頃はなんだかお疲れモードが入ってきた
帰りは少々気が重い だが、まだ陽は高いしと気を取り直し、行きと違う道を帰った

散策の森の中のベンチ のんびり座って本でも読みたいな


だが、夜になって、なんだか体がだるい
左足の付け根も痛い
食事の片付けが済んだらもう何もしたくなくなった
夜だけが自分の自由に使える時間なのに
パソコンにも向かいたくない、パッチワークなんて尚更したくない
本も読めない これじゃあ、一日がつまらない
あぁ 明日は車で行こう・・・

これでは3日坊主にもならない 1日坊主だね

コメント (5)

楽しい日曜日

2007-05-20 23:38:40 | weblog
今日は近くの公園へお弁当を持って初めてフー達と一緒に行った

フー、ただいま4ヶ月と10日 自分からおもちゃに手を伸ばす

自分の子供にはクールに接していた夫もフーには形無しだ
こんなに赤ちゃんをあやしたことはないなぁという

ジイジとフー 風が少し強かったが木陰が気持ちよい天気だった

公園の一角にバラ園がある
近くに行くとほのかなバラの香りがしてくる

満開の「うらら」という名前のバラ

愛子様のお誕生を祝して作られたバラ 「プリンセス・アイコ」



「緑光」 このバラ園には毎年来ているがこのバラには気がつかなかった
かなり好みなバラ 咲くほどに花が淡緑色を帯びてくるという

フーは飲まず食わずだったが 皆はお腹一杯
ベビーカーが動き出したらフーはすぐ寝てしまった

気持ちよさそうだね


夜は娘達もやってきて お好み焼きパーティとなった
送りに外にでたら、月と金星が輝いていた




コメント (7)

日曜日

2007-05-15 21:59:17 | weblog

日曜日は盛り沢山の一日だった       写真は文とは関係ないけどぼたんです
まず、朝から 上野の国立科学博物館へ行ってきた

特別展”FLOWER"という展覧会を見てきた
見ているときは「ふ~ん なるほど~ へぇ~」と
しっかり覚えてきたつもりだったがいざ、書こうと思ったらすっかり忘れている

ただ、花の色で一番多いのは黄色ということと
縄文時代から花を愛でるために植えていたということは覚えている
古代の人も花を愛でていたなんて、なんだか素敵だ 
「人はどうして花をきれいだと思うのだろう」というのがテーマだが
 どうしてだろうね? 形? 色? 匂い?全部かなぁ
匂いといえば マーガレット系の花は悪臭があるが
その匂いを好んでハエが来るそうだ 虫媒花の虫がハエって微妙だ
ヒマラヤの青いケシも見ることができた
実際には紫にしか見えないが青色成分デルフィニジンを持つ
青いバラと青いカーネーションも見てきた



お隣の西洋美術館ではファン・デーということで入場料が無料だった 
中ではクイズ形式のスタンプラリーをやっていて結構、燃えて遊んできた

美術館で頂いたバック  額の中に好きなスタンプを押して絵にする
センスの有る無しがわかってしまう・・・

ランチは根岸の「笹乃雪」でお豆富料理を堪能

              
             このあんかけ豆富は夫の分をとったのではありませんよー

     ***あんかけ豆富二椀の由来***
  創業当時の商いは、あんかけ豆富一品のみでしたが
  新し物好きの江戸っ子たちは初めて食べるあんかけの
  絹ごし豆富に競って何杯も椀を重ねました。
  上野の宮様がご来店になりました折りも大変美味しいと
  仰せになり、これからは二椀ずつ持ってくるようにと
  お言葉を頂き、以来お客様には二椀一組でお出しするのが
  当店の慣わしとなっております
             *****
         
ということです・・  大変美味しゅうございました

店を出るとちょうど、神輿がやってきた


東京の下町は夏祭りのシーズンだ 神田明神や三社祭、鳥越祭りなどが始まる
(神田明神の祭りは今日、15日まででした)

家に帰ったら 母の日ということで娘がケーキを焼いてきてくれた
実は3年前から「母の日のプレゼントはいらない」宣言をしている
プレゼントは皆公平に誕生日とクリスマスということにしようと提案した
子供達は私に気遣って何かしらくれていたが、今年はやっとプレゼントなしが定着した 
だが、娘はやっぱり母の日だから・・とケーキを焼いてくれた
その気持ちはやはり嬉しい 夜は急遽ミニパーティになった


平(ひら)のお母さんはケーキで大満足だが、お母さんのお母さんにはやはりね・・
ということで おばあちゃん(母)には皆で花のプレゼントをした 
夫は「鶴亀」というおめでたい名前の日本酒をプレゼントしていた
   お母さん ありがとう  


コメント (8)

花模様 1

2007-05-06 19:37:15 | weblog
植えてあるものは決まりきったものだけだし
狭い庭なので毎年咲く花は決まっている
だがその季節になると毎年咲きだしてくれると
一年ぶりだね~と嬉しくなる
花によっては沢山咲くものも、咲かないものもある
さぁ、今年の花模様はどうでしょうか

年が明けて最初に咲くのは沈丁花だった
過去形で書いたのは、もう20年来の大きな木だったのが
一昨年枯れてしまったからだ
今あるのは、母が挿し木で増やした小さな鉢植えだけだ
庭先を駐車場にするためコンクリートを流してしまったからか
もう枯れる年頃だったのかはわからないが
花粉症の季節の到来とともに香ってきたあの香りは今年はわずかだった

今年の沈丁花(写真重複してます)

水仙が同じ様な時期に咲きだす

4月から5月にかけてが一番華やかな時期だ
ムスカリ、スミレ、エビネ、すずらん、ヒルザキツキミソウ、
都忘れ、チェリーセージ、立浪草、アスター
毎年同じ場所に律儀に生えてくる
どの花も珍しくない物ばかりだが、
毎年、狭い我が家の庭を彩ってくれている

今年の花壇はこんな感じ 滅茶苦茶植えてみた

今年は4年前に挿し木をしたモッコウバラがやっとさきだした
まだ花つきはそんなによくないが可愛いクリーム色の花を久しぶりに見た

モッコウバラのアップです 全体はちょっとお粗末です

反対にハナミズキは花つきが悪く、木の上のほうにぱらぱらと咲いている状態


もう一つ花つきが悪いのはすずらんだ
去年は沢山咲いたのに、今年は数えるほどしか咲かないし
花も小さく、途中で枯れてしまうものもある

姫空木は四箇所に植わっているが、一番日当たりのよいところが
一番花が少ない 何故???

姫空木はうつむき加減に咲くので好きな花だ

紫三姉妹はこれ  ↓



上から 都忘れ、フリージア、ツルニチソウ

長くなったので また次回



コメント (6)