吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おしらせ

2009年07月23日 | ミュージアム日記

7月21日より、住まいのショールーム2階の、工事が本格的にはじまり、トントン・カンカン賑やかです。


8月1日(土)2Fに、展示コーナーのほか、喫茶『ドリーム』、ショップコーナーを新たに設け、リニューアルオープンいたします

ご来館のお客様には、騒音等で、ご迷惑、ご不便などおかけしておりますが、新しくなる吉幾三コレクションミュージアムを、これからも宜しくお願いいたします





 


 


 

コメント (4)

7月20日

2009年07月23日 | ミュージアム日記

海の日にご来館くださいました、

『中野保険の会』御一行様



ありがとうございました

コメント (2)

立佞武多の館から

2009年07月17日 | ミュージアム日記

五所川原市の観光、名物といったら、吉さんも歌っていますが、『立佞武多』ではないでしょうか

約22メートル(簡単に言うと、ビルの6F?7F?くらいの高さ)の大型の立佞武多は、練り歩く姿は、迫力があります


その立佞武多を、祭り期間だけではなく、常時観覧できる、『立佞武多の館』から、先日、スタッフさんがご来館してくれました

津軽鉄道の前の無料レンタサイクル(身分証があれば、ただで自転車がかりれます)、から、自転車でご来館(絶対、20、30分くらいはかかったはず・・・)


衣装が、大きいのか・・・、彼女たちが小さいのか・・・

何ともかわいいデス

左側の彼女・・・
コートの様になってます


『立佞武多の館』から、吉幾三コレクションミュージアムへ行くお客様も、多いらしく、どのような所か、見学も兼ねて、ご来館してくれました楽しんでいただけましたでしょうか?

逆に、吉幾三コレクションミュージアムから、立佞武多の館へ行くというお客様も多いので、今度は、私が、『立佞武多の館』を、見学しに行ってみようと思いました
1度行ったことはあるんですけど、紙張り体験とか、してみたいデス

またのご来館お待ちしております




 

コメント (2)

新しい展示品の

2009年07月14日 | ミュージアム日記

準備が、着々と進んでおります



並べて、何が書いてあるのか、確かめたり、額縁の破損などないか、チェックしております

これは、まだ一部(数えてみたら、ざっと20点以上)

これら書の額等は、吉さん、そして花かんざし様から、提供していただきました。



美人女将さん(右)、娘さん(左)

福島県、岳温泉 花かんざし様のホームページはこちらから

花かんざし様、ありがとうございました

そして、それ以外の展示品をチェックしていると・・・


こんなうれしいもの発見


ぜひ、探してみてくださいね





コメント (2)

岩木山

2009年07月10日 | ミュージアム日記

今日、私が出勤してくる時に見た岩木山です


津軽平野のどこからでも見え、標高1625m、別名、津軽富士ともいう岩木山。

山頂まできれいにくっきり見えている、岩木山も好きですが、こんな、山頂、ふもとな、不思議な感じの岩木山も好きです

弘前からみると、山頂が、くっきり3つにわかれてるのですが、私の生まれた五所川原からは、3つにわかれて見えません。

弘前から岩木山を見ると、なぜか同じ山なのに、違和感があります


こないだ、弘前からお見えになったお客さまも同じことを言ってました

そして

「やっぱり、自分の生まれ育ったところから見える岩木山が、一番きれいなのよね~」と。


吉さんの歌の歌詞にも良く出てきますね

歌詞検索はこちらから

観光で、青森県五所川原市にいらしたら、

ぜひ、忘れずに、岩木山も見てみてくださいね






コメント (4)

着々と・・・

2009年07月08日 | ミュージアム日記

吉幾三コレクションミュージアムは、現在、半田硝子建材3Fにあるのですが、
2Fも、改装し、新しく大きくなる予定です。

それにともない、展示する貴重な、品々を東京へ取りにいって参りました。


これは、書の一部なのですが・・・



スタッフである、立場を利用して、のぞき見しようかと思いましたが・・・私の身長を軽々こえており、倒したり、壊したりすると大変なので、自粛いたしました・・・

そして・・・衣装や楽器、などなど。



近日、大公開です

お楽しみに

コメント (2)

昨日は、七夕

2009年07月08日 | ミュージアム日記


昨日は、七夕でしたねうちの、娘っちの願い事・・・

「お~ホチ、しゃーまチ~ラチラみたいの~」
(訳すると、お星様キラキラ見たい)

で、夫と3人で天の川を探すことPM7:30

あいにくの曇りで、(熱帯夜でしたが・・・)天の川を見れず、そのかわり・・・

ブレてるんですけどね私が住む、五所川原市の隣町の夜景です
キレイでした皆様はどんなお願い事をしましたか


吉さんファンのお客様は、

「吉さんに逢いたい

なんでしょうか

ちなみに、私の願い事・・・

 



 

『天の川が見たい』・・・でした



 

コメント (2)

7月5日お隣の秋田県から

2009年07月06日 | ミュージアム日記

鰺ヶ沢~五所川原 日帰観光ツアー御一行様

ご来館

うち2名様は吉ギャラリーの会、会員さまで2度目のご来館です



そして、また吉ギャラリーの会会員様になっていってくれました

A様、T様、次会えるのは立佞武多の時期でしょうか

またのご来館をお待ちいたしております

ありがとうございました

コメント (2)

若者に

2009年07月04日 | ミュージアム日記

早いもので、吉幾三コレクションミュージアムがオープンして3か月。



3か月を振り返ってみて、うれしい発見がありました。

吉幾三が好き』っていう若い子、若い人が多いということ


以前、ホームページでご紹介した、元気君11歳。そしD君14歳の男の子も『吉ギャラリーの会』の会員様になってくれました


カメラ持ってご来館くださった小学生の子達


つい先日、ご来館くださった今どきの22歳『わげもの』(若者)生まれは青森県で、今は県外に住んでる彼は、いろいろ質問して、衣装を着て、帰って行きました


青森から、東京に出て、吉さんの歌を聞いて好きになったっていうお客様もいらっしゃいましたし。

やっぱり、ニコニコ動画などの動画サイトでの、「俺ら東京さ行ぐだ」のリミックスの影響もあるんでしょうか『それ、知ってる~』っていう若い子もいました


私の吉さんの歌の出会いは、小学生の時、「俺ら東京さ行ぐだ」のレコードでした。子供心に、『面白い~』と、じいちゃんに何回もかけてもらった記憶がありますそして、やっぱり私の年代だと、身近な『ゲゲゲの鬼太郎』でしょうかきっとみんな歌えるんじゃないかなって思います

いろんな年代のファンがいるって、凄いことです



そして、ご来館くださるお客様、吉ギャラリーの会会員様、スタッフ一同感謝しております


これからも宜しくお願いいたします。


そして『吉ギャラリーの会』まだまだ会員大募集です

入会はこちらから


こちらも宜しくお願いいたします

 

 

 

 

コメント (4)

以前ご来館くださった

2009年07月02日 | ミュージアム日記

こちらのお客様


「BS日本のうた」の収録の時にいらしてくださった、スタッフのN様

N様より、N様の会社で運営している、「Uta-Net歌ネット」(歌詞検索)というサイトを教えていただき、『ブログにリンクしてもいいですか?』というお願いをしてみたところ、OKの返事をいただいたので、ご紹介いたします



※吉幾三さん「敬愛」(2009年2月)
http://www.uta-net.com/user/otona/pick_up/0902yoshi.html



「BS日本のうた」の放送曲目(歌詞)
http://www.uta-net.com/user/otona/nipon/nipon_songlist0908.html


★「大人の歌ネット ~演歌・歌謡曲~」
http://www.uta-net.com/user/otona/

もしよろしかったら、見てみてくださいね

コメント (4)