吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

青森のおもしれ~極寒体験

2018年02月19日 | ミュージアム日記

みなさんこんにちは!スタッフ其田です。

 

知り合いの方のFacebookを見てお腹をかかえるほど面白いものを見つけてしまいました。

吉さんファンの皆様にちょっと青森の冬のおもしろい体験ができるお話しをしたいと思います。

 

最近の青森はこの冬一番の寒さが続き、まさにホワイトアウトの日が何日かありました。

 

私も運転中、下記の写真のようになり、大変怖い思いをしました。

自分がどこを走っているのか道がどのへんなのか一瞬見えなくなります。

しばらくするとちょっと見えてきます。

ですからこんな時は動かないのが一番です。電信柱などわかるものをたよりにゆっくり行きます。

 吹雪になるとヘッドライトを付けるのがルールですね。相手にも自分の車の存在をわかってもらわないと・・。

 

吉さんの「津軽平野」の歌詞に出てくるのは「岩木山」ですが、

それと共に有名な「八甲田山」があります。

その八甲田山で明治時代に雪中紅軍の演習中に遭難し199名もなくなった

「八甲田世中行軍遭難事件」があったことを映画にした「八甲田山」という映画を

ご存知でしょうか?

新田次郎さんの八甲田山死の彷徨』を映画化したものです。

高倉健さんと北大路欣也さんがでた有名な映画です。 

 

スタッフの松川さんはその映画の時に生まれてなかったので知らないのは仕方ないですが 

私が力をいれて言うのでDVDを借りてみようなか?という気持ちになったようです。(*^。^*)

 

 

その体験ができるというツアーなんです。 遭難のツアーではありません。

八甲田山の樹氷を楽しみつつ、ちょっと冬の厳しさを体験するそのストーリーがまさに

映画の「八甲田山」なのです。

私はこれを見ただけでもうこのセンスにやられました。

これは絶対インスタ映え間違いないです。

 

この格好で歩き、

これです。

遭難されたご夫婦を助ける???

この顔の画像を吉さんにしたら面白いかな?とも思いましたがそこまでふざけたら顰蹙をかいそうなので・・・

でも吉さんは子供のころ、これを絶対体験しているので笑ってくれるかもしれません。

雪を見られない方には大いに笑って参加してもらいたいと思いました。

この紹介をしましたが、こちらの「また旅クラブ」の回し者ではありません。

こういうユニークなツアーも現地でやっていることを伝えたかったのです。

楽しそうですよね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉幾三 セルフカバーアルバム  | トップ | 鶴の舞橋 桜まつり カラオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿