吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青森のしじみラーメンと言えばコチラ

2018年03月21日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!

スタッフ其田です。  

今日 東京方面では雪だという報告が知り合いからありました。

もう桜も咲き始めている関東に雪????どうした事でしょう。

どうぞ事故などありませんように・・。

 

こちらは風が温かくはありませんがいい天気です。

岩木山もまるで日本一の富士山かのように堂々としていました。津軽平野には雪が少なくなりました。

 

今日は春分の日ですね。

我が家では母が早起きしてお彼岸の団子をいっぱい作っていました。なので今日のお昼は「団子」でした。!(^^)!

 

国民の祝日はいろいろありますが、はたしてその内容をちゃんと覚えているかというと

意味まで知っている日の方が少なかったです。(-_-;)

春分の日と秋分の日は彼岸の中日で墓参りすることと

太陽が真東から登って真西に沈むことくらいしかわかっていませんでした。

ちょっと調べてみたら 「そうなんだ・・」 ということがとても多かったです。

よく彼岸の入り、中日、彼岸明けという言葉を聞いていましたがイマイチ??でした。

そこでちょっと調べたら春分の日と秋分の日を中日にした前後3日の全部で7日間がお彼岸だということでした。

  

ということで本題が遅れてしまいました。

 

 

さて

今日は しじみラーメンです。

しじみといえば一番生産量が多いのは島根県宍道湖のしじみですが、五所川原の十三湖のしじみはやまとしじみと言って

ミネラルなどの栄養素がたっぷり入っているということで有名です。

そのしじみが入っているラーメンで元祖しじみラーメンと言えば、十三湖にかかる橋のふもとにある

和歌山(青森県ですが)というところあります。

たまたま県外から我が家にきたお客さんを案内していったところ、なんと吉幾三さんとの

繋がりを知ってしまった・・・・・・というラッキーなこと がありましたのでご紹介いたします。

しじみラーメンを食べて会計に行ったところ・・・

「えっ何 ナニ なに???」これはもしかしたら・・・・と

もしかしなくても右に「吉」というサインがあるではないですか?

それと「野」という字の右下を見てくださいひらがなの「や」になってる・・・やるね~この技!

 ご主人に聞いてみたところ

吉ミュージアムの方ですか?と・・・いろいろ吉さんとの話を聞かせてくれました。

なんと、先代からのお付き合いで、吉さんがまだ若くてそんなに知られてないころからの

お付き合いだったそうです。

 

最初は小さな車で来ていた事、だんだん有名になって、今ではバスで沢山の方を連れてきて

下さることなど聞きました。大変お世話になっているのですと・・。

そして 奥からこれを見てくださいと持ってきたのが

コレ!!

吉さんと一緒に表紙になっているではありませんか??

ビックリしました。

さすが地元を大事にしてくださる吉さんです。

そういえば・・・ラーメンの写真を撮ってなかったです。あれれ・・・食べることの集中してしまいました。

「和歌山」さんのことはコチラからご覧ください。

きれいなラーメンの画像や、きめ細かいご案内などがあります。

同じ五所川原市ですが、飛び地になっていて、ミュ―ジアムからだと車で45分ほどかかります。

ということで

龍飛岬(たっぴみさき)へ行くときなど、途中にありますから是非お立ち寄り下さい。

しじみラーメンと 吉さんの書 がおススメです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 五所川原のいい所はココだよ! | トップ | 立佞武多2018 製作現場へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿