吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

田舎のプレスリーは五所川原の宝物

2017年11月27日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!スタッフ其田です   

もう11月も終盤~。もうすぐ師走!!

今日の朝食の我が家族の会話では、「もうすぐ正月だなぁ、その内すぐ春になって畑やらねばまいね(畑やらないといけない)」

と、話はもう春になっていました。気の早い人達の集まりでした。!(^^)!

 

そうそう

以前もFacebookでお知らせしましたが、

われらが吉幾三さんが地元五所川原で大変光栄な賞を貰ったことです。

「文化褒賞」です~~~。\(^o^)/

 

こちらが↓ 毎月25日に家に届く「広報ごしょがわら」ですが

その12月号表紙をめくるとすぐのページに大きく載っていました。

 

ちょっといつもより緊張した顔ですが本名の鎌田善人で出ていました。

そしてその下をみるとなんと「内助功労賞」に吉さんの奥様の名前が・・・

 一般的にも、内助の功があって、旦那さんが輝やいていると思いますが、吉さんの所も例外ではないと思います。

奥さんが、誰より一番先のファンだったと思いますし、昔苦労した時代を一緒に励ましつつ頑張ったから今があると思います・

吉さんの歌にも家族に対する感謝の気持ちを表現しているものが多くあります。

そういう歌詞をきいて、みなさんがそうだそうだと自分と重なる部分で感動するのですね。

今回、五所川原の人がそこにちゃんと気が付いて・・・・よかったです。

地元紙の東奥日報では「長年に渡り故郷を愛する心と卓抜な発想と表現力を持って立佞武多をはじめ多くの楽曲を創作、地域文化振興、観光振興を貢献した」と理由を掲載しました。

吉さんご夫婦にとって、本当に嬉しい賞だったのではないでしょうか?

 

そういう意味でも

吉さんは 「五所川原の宝物」 なのです。

宝物はみんなで大事にして応援していきたいものです。

 

その吉さんは先日りんごもぎしました。

なんと320箱もとったそうです。

そのことも地元紙に載りました。

 

吉さんは東京に住んでいてもふるさとをとても応援していると言う事ですね。

ファンの方がなんと150人も来たと言う事でビックリ~~~。

次の日「りんごもぎに行ってきたよ」という人たちが当館に立ち寄ってくださいました。

それにしてもいいリンゴです。

きっとお世話になっている方などに送ったのでしょうね。

あ、りんご食べたくなってきました。

世界一の生産と味を誇る青森リンゴですからね~~~~。

ちょいと自慢してみました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 焼きもの好きな方におススメ... | トップ | 寒い冬は温泉へGO~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動を有難うございます!! (長崎の楠本よっちゃん)
2017-12-20 14:30:32
吉幾三さん、45周年記念おめでとうございます!! 先日、テレビで拝聴致しました! 吉さんの歌に作詞作曲全て情感があり歌っていると ホロリホロリ と胸が熱くなってきます ゲストに福田こうへいさんをお招き頂き感謝申し上げます。福田こうへいさんと東北出身で生い立ちに環境が似てらっしゃることにも嬉しい限りです!! 吉幾三さんが最初に歌われた「山谷ブルース」を溢れ出る涙を落としながら聴かせて頂きました!! 思い出したのです!日本で最後の小さな長崎の炭鉱の閉山のことを!!家族と離れ出稼ぎ労働で沢山の方々が番屋で共に暮らしていました。この方達のおかげで今の日本が潤っタンだと吉幾三さんの歌を聴き思いました!沢山の歌を有難うございます!!これからもお体御自愛されながら精進して下さい!
こちらこそありがとうございます (Y.C.M吉幾三コレクションミュージアム)
2017-12-25 15:44:20
素敵なコメントを有難う御座います。
機会がありましたら吉さんにこういう想いでいるファンの方がいらっしゃることお伝えしたいと思います。
みちのく北国津軽は自然が厳しいから貧しいと思っていました。
こちらは雪が多いので昔は冬に東京へ父親が出稼ぎにいくことは当たり前のようでした。また青森ヒバが有名でしたので山に何カ月も入っていることもありました。
吉さんの歌にはそういう事を見て感じて過ごした体験が作詞に出ているのだと思います。だからこそ感動するのでしょう。スタッフの私でさえ、館内の掃除をしながら吉さんの歌に感動しています。
これからも吉さんの歌を聴いてくださいね。

コメントを投稿

関連するみんなの記事