吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

青森コンサート行ってきました

2018年04月16日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!

今日は爽やかに晴れていますが、まだ肌寒い津軽です。

 

吉幾三青森コンサート

 

ミュージアムはちょっと早く閉めさせて頂き、夜の部にスタッフ、館長、代表みんなで行ってきました。

吉さんに関わる仕事をしていますのでファンの皆さんと感動を一緒に味わいたいと思いました。

リンクステーション青森に行ったことがある人はご存知かもしれませんが

こちらの大ホールの緞帳(どんちょう)は 青森県が世界に誇れる版画家「棟方志功」さんの画なんですよ。

志功さんと言えば版画を掘るのに目を版木のすぐ近くまで近づけて掘るという様子が目に浮かびます。

青森には「棟方志功館」というところがあり、貴重な作品を展示しています。

観光に来られてお時間ありましたら行って見てください。

 

さて、話がそれましたが

この会場は約2000人のお客さんを収容するそうです。

ということは昼の部と夜の部を合わせると4000人の方がこのコンサートを観たことになります。(*^。^*)

チケットを切ってもらうのに並びながら久しぶりにこんなにいっぱいの人に会ったなぁ~と思いました。

コンサートでは、歌の素晴らしさは感動ものですが、トークでは地元とあって、

ネイティブな津軽弁が飛び交い・・・本当に涙がでるほど笑いました。

という訳で今日の新聞にはその様子が詳しくありました。

1面と18面の二か所に載りましたよ。

 

 青森でのコンサートでしたが、当ミュージアムの「ギャラリーの会」会員の方で、

県内ではない方も沢山おいで下さいました。

会場でお声を掛けさせて頂いたたりしましたが、ワクワクが止まらない様子でした。

こちら記事の方も会員さんで、大変思い出になったと喜んでおられました。

 

それにしても英語で映画「ゴースト」の主題歌を唄った時には鳥肌が立ちました。

まさかこういう歌を歌うのは想像もしていませんでした。

津軽をイメージした場面では素晴らしい三味線と百八の演奏もあり、それに加えた吉さんの

歌声にしびれましたね~~。

ミュージアムでは、一日中吉幾三さんの歌を聴いているわけですが、目の前で聴くというのは

より詩が心に入ってきます。そういう天性の力があるんだなぁ、それがプロであり日本を代表する

エンターテイメントの一人として認められているんだなぁ~と強く感じました。

 

今日は「昨日コンサート行ったよ」と来てくださるお客様もいて、感動を共有した仲間として

お話しできたのは大変嬉しいです。

これからも近くで行われるときは行きたいなと思いました。

 

感想は尽きませんが・・・この辺で

 

へばの~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立佞武多2018 製作現場へ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿