吉幾三コレクションミュージアムスタッフブログ

青森県 五所川原市の吉幾三コレクションミュージアムのスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月末には・・・一度さようならです (T_T)

2018年09月03日 | 地元紹介

こんにちは!スタッフ其田です。  

9月になり、すっかり秋の空気です。

我が家ではもう厚手の羽毛布団に換えました。

まだ残暑が続く所もあると思いますがこちらは夜は結構涼しいというか寒い日もあります。

さすが北国です。

 

さて、当ミュージアムは来年4月の新築移転予定に伴い、まもなくこちらの

ミュージアムは終了になります。(9月30日で)

今日松川さんとなんか淋しいね・・・と話をしていた・・・2年間でしたが、ここのミュージアムを

忘れないように写真を撮ろうと思いつきました。

隅からすみまでは無理ですが撮ってきましたよ~。

 

まずは当館の入口です。演歌の雰囲気に合った日本家屋風です。

 

 

なんといっても立佞武多の館から見えるこの看板をみてきてくれる方が多いです。

吉さん毎日みんなに笑いかけています。笑顔が素敵ですね。

 

そして、北側には五所川原で一番有名な建物「立佞武多の館」が見えます。

こんなに近いんですよ。なので一番お得な「まちなか周遊券」を勧めています。

 

では、一緒に入場致しましょう。

ここが受付です。お得に購入できる案内も出しています。

 

入場券を買って中に入ると・・・・

えっ?トイレ?

トイレは大事です。ハイ

皆さんが帰りがけに写真を写す場所です。吉さんと一緒に写真を撮ります。

 

ちょっと疲れた人は自販機も吉幾三仕様?です。 (*^。^*)

それもカップは吉さんの顔ですよ~~。それなのに全部110円

 

 

そしてここから本格的に見学で~~す

それにしても素晴らしい「書」ですねと褒められる場所でもあります。

内心「いえいえこんなものじゃありませんよ~まだまだあります」と言いたいのをこらえます。

 

こちらはお土産コーナー

そうです「男うたTシャツは売り切れなんですよ~~~

 下の写真に吉さんの大きな書、半分みえていませんね。

「平和」と書いてあります。

ココでは40周年記念のコンサートの様子を見ることが出来ます。

それと吉さんの歌なら何曲歌っても無料のカラオケもあります。みなさんとっても楽しんでくださいます。

 こちらは吉さんの頂いた賞のコーナーです。

日本全国知らない人はいないと思われる吉幾三はこういう活躍があっての事ですね。

頑張りました!!

 こちらは吉さんの歴史??苦労した時代からの・・・・

泣けるような話しが・・・・あるんです。(T_T)

 

こちらは吉さんの大事なものコーナーです。

 

それぞれの曲を作った時のギターがこちら・・・

ギターに詳しい方はここで立ち止まります。

 

何しろ、吉さんの「書」に驚かれる方が多く・・・

芸術家なんだね~~曲もつくっちゃうしね~~~と感心するわけです。

 

そして初めてだとみなさんがわぁ~~~~と感嘆の声を上げるのがこちらの衣装です。

全部は試着できませんが・・・一着だけ吉さんが着た衣装を着ることが出来ます。

吉さんに包まれた感じがして幸せ感じてください。アレ???おかしいかな?

 最後にお昼休みの松川さんを激写!!

 

ここまでです。

ご一緒してくださりありがとうございました。

今度は新しいミュージアムで・・・・

いえ、まだ終わりではありません。

 

10月になってもブログやfacebookの更新はありますのでたまにチェックしてくださいね。

新しいミュージアムが出来ていく様子なども紹介できたら・・・と思います。

へばなぁ~~~~~~

  

コメント (3)

青森コンサート行ってきました

2018年04月16日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!

今日は爽やかに晴れていますが、まだ肌寒い津軽です。

 

吉幾三青森コンサート

 

ミュージアムはちょっと早く閉めさせて頂き、夜の部にスタッフ、館長、代表みんなで行ってきました。

吉さんに関わる仕事をしていますのでファンの皆さんと感動を一緒に味わいたいと思いました。

リンクステーション青森に行ったことがある人はご存知かもしれませんが

こちらの大ホールの緞帳(どんちょう)は 青森県が世界に誇れる版画家「棟方志功」さんの画なんですよ。

志功さんと言えば版画を掘るのに目を版木のすぐ近くまで近づけて掘るという様子が目に浮かびます。

青森には「棟方志功館」というところがあり、貴重な作品を展示しています。

観光に来られてお時間ありましたら行って見てください。

 

さて、話がそれましたが

この会場は約2000人のお客さんを収容するそうです。

ということは昼の部と夜の部を合わせると4000人の方がこのコンサートを観たことになります。(*^。^*)

チケットを切ってもらうのに並びながら久しぶりにこんなにいっぱいの人に会ったなぁ~と思いました。

コンサートでは、歌の素晴らしさは感動ものですが、トークでは地元とあって、

ネイティブな津軽弁が飛び交い・・・本当に涙がでるほど笑いました。

という訳で今日の新聞にはその様子が詳しくありました。

1面と18面の二か所に載りましたよ。

 

 青森でのコンサートでしたが、当ミュージアムの「ギャラリーの会」会員の方で、

県内ではない方も沢山おいで下さいました。

会場でお声を掛けさせて頂いたたりしましたが、ワクワクが止まらない様子でした。

こちら記事の方も会員さんで、大変思い出になったと喜んでおられました。

 

それにしても英語で映画「ゴースト」の主題歌を唄った時には鳥肌が立ちました。

まさかこういう歌を歌うのは想像もしていませんでした。

津軽をイメージした場面では素晴らしい三味線と百八の演奏もあり、それに加えた吉さんの

歌声にしびれましたね~~。

ミュージアムでは、一日中吉幾三さんの歌を聴いているわけですが、目の前で聴くというのは

より詩が心に入ってきます。そういう天性の力があるんだなぁ、それがプロであり日本を代表する

エンターテイメントの一人として認められているんだなぁ~と強く感じました。

 

今日は「昨日コンサート行ったよ」と来てくださるお客様もいて、感動を共有した仲間として

お話しできたのは大変嬉しいです。

これからも近くで行われるときは行きたいなと思いました。

 

感想は尽きませんが・・・この辺で

 

へばの~~~

コメント

立佞武多2018 製作現場へ

2018年04月06日 | 地元紹介

皆さん、こんにちは。スタッフ松川です

4月になりましたね。約1週間後には、吉さんの青森コンサートがあります



先日、仕事帰りに、立佞武多の館にふら~と寄ったところ、偶然立佞武多の館の

館長さんがいたのでお話ししていたら、3階の製作所を見せてくれました。

制作所に入るのは初めてだったので、行ったからにはと、バシバシ写真を撮ってきました。

 

まずは、今年の立佞武多の題材から。

 

 「稽古照今 神武天皇 金の鵄を得る」

 

稽古照今?鵄(とび)を得るってどういう意味なんでしょう? 調べてみました。

稽古照今……過去の出来事や先人の教えから学び、現在の事象に照らし合わせて教訓を活かすこと。

神武天皇 金の鵄を得る…『日本書紀』によると、その昔、神武天皇が長髄彦(ながすねひこ)と戦いで苦戦していると、

                 天皇の弓に金色の鵄(トンビ)が止まり、鵄の体から放つ光により相手を目くらませ、神武天皇を勝利に導いた。

                 その後、大和を平定し、初代天皇として神武天皇が即位されている。

という事だそうです。

 

 

昨年度は立佞武多が祭りとして復活してからちょうど20周年でしたので、今年度から新しいスタートを迎え、今後30年目40年目

となっていくのだと思いますが、今年のテーマを基に、立佞武多を復活させた頃のように、初心に戻り、またこれからの祭りの

益々の発展を願う。という意味が込められているのだと、私は解釈しました

 

そして、肝心の制作現場はと言いますと…・

こんな感じでした。ちょっと遠いですが、木の骨組みを中心に、沢山の太い針金が立体的に巻かれていました。

 

近くで見るとこんな感じです。

 

入口の近くに、使用されている針金の説明が、ありました。

この針金を丸く曲げるのは、ほとんど手作業なんだそうです。

ひょえ~

これは時間がかかりますね

 

 

いかにも重そうな針金…

 

 

途中で、鮮やかな佞武多絵が置いてありました。

どこの部分になるのでしょうか?

 

 

 

こちらは、紙貼りの作業でしょうか?

そういえば、4月22日から紙貼り体験(無料)が始まるそうです。

詳しくは、立佞武多の館のこちらのブログをご覧くださいね。

https://blog.goo.ne.jp/tachineputanoyakata/e/d0b7be6bff3e98f56833307770505fe0

 

 

今回は、写真で撮ったものを、バンバン載せてブログにアップしましたが、完成前に、もう1度見に行ってみたいと思います。

その時また、ブログをアップしたいと思います

 

では、恒例の津軽弁コ~ナ~

今日は、「いんかん(えんか)」 「まぐね」

使用例は、こちら

津軽弁:「わいは~、このジュース、いんかん(えんか)抜けでまって、まぐね。」

標準語:「うわ~、このジュース 炭酸抜けてしまってて、まずい。」

炭酸ジュースはスカッとして美味しいですが、一度フタを開けたジュースはしばらくすると、美味しさ半減です

 

では、今日はこの辺で~

へばね~

コメント

青森のしじみラーメンと言えばコチラ

2018年03月21日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!

スタッフ其田です。  

今日 東京方面では雪だという報告が知り合いからありました。

もう桜も咲き始めている関東に雪????どうした事でしょう。

どうぞ事故などありませんように・・。

 

こちらは風が温かくはありませんがいい天気です。

岩木山もまるで日本一の富士山かのように堂々としていました。津軽平野には雪が少なくなりました。

 

今日は春分の日ですね。

我が家では母が早起きしてお彼岸の団子をいっぱい作っていました。なので今日のお昼は「団子」でした。!(^^)!

 

国民の祝日はいろいろありますが、はたしてその内容をちゃんと覚えているかというと

意味まで知っている日の方が少なかったです。(-_-;)

春分の日と秋分の日は彼岸の中日で墓参りすることと

太陽が真東から登って真西に沈むことくらいしかわかっていませんでした。

ちょっと調べてみたら 「そうなんだ・・」 ということがとても多かったです。

よく彼岸の入り、中日、彼岸明けという言葉を聞いていましたがイマイチ??でした。

そこでちょっと調べたら春分の日と秋分の日を中日にした前後3日の全部で7日間がお彼岸だということでした。

  

ということで本題が遅れてしまいました。

 

 

さて

今日は しじみラーメンです。

しじみといえば一番生産量が多いのは島根県宍道湖のしじみですが、五所川原の十三湖のしじみはやまとしじみと言って

ミネラルなどの栄養素がたっぷり入っているということで有名です。

そのしじみが入っているラーメンで元祖しじみラーメンと言えば、十三湖にかかる橋のふもとにある

和歌山(青森県ですが)というところあります。

たまたま県外から我が家にきたお客さんを案内していったところ、なんと吉幾三さんとの

繋がりを知ってしまった・・・・・・というラッキーなこと がありましたのでご紹介いたします。

しじみラーメンを食べて会計に行ったところ・・・

「えっ何 ナニ なに???」これはもしかしたら・・・・と

もしかしなくても右に「吉」というサインがあるではないですか?

それと「野」という字の右下を見てくださいひらがなの「や」になってる・・・やるね~この技!

 ご主人に聞いてみたところ

吉ミュージアムの方ですか?と・・・いろいろ吉さんとの話を聞かせてくれました。

なんと、先代からのお付き合いで、吉さんがまだ若くてそんなに知られてないころからの

お付き合いだったそうです。

 

最初は小さな車で来ていた事、だんだん有名になって、今ではバスで沢山の方を連れてきて

下さることなど聞きました。大変お世話になっているのですと・・。

そして 奥からこれを見てくださいと持ってきたのが

コレ!!

吉さんと一緒に表紙になっているではありませんか??

ビックリしました。

さすが地元を大事にしてくださる吉さんです。

そういえば・・・ラーメンの写真を撮ってなかったです。あれれ・・・食べることの集中してしまいました。

「和歌山」さんのことはコチラからご覧ください。

きれいなラーメンの画像や、きめ細かいご案内などがあります。

同じ五所川原市ですが、飛び地になっていて、ミュ―ジアムからだと車で45分ほどかかります。

ということで

龍飛岬(たっぴみさき)へ行くときなど、途中にありますから是非お立ち寄り下さい。

しじみラーメンと 吉さんの書 がおススメです。

 

 

コメント

五所川原のいい所はココだよ!

2018年03月14日 | 地元紹介

みなさんこんにちは!

スタッフ其田です。

3月ですね~~~~~。

3月になってまだブログ更新していませんでした。<(_ _)>

 

いよいよ道路には雪がなくなってきました。

やっと春がくるんだなという気持ちになれました。

3月になっても吹雪いていたりして・・・なんだか長い冬でした。

 

さて、ある団体が当ミュージアムを撮影していった動画が完成したと言う事で

メールでURLが届きました。

観たら、五所川原の紹介されていましたので

吉さんのファンの方々には吉さんが育ったところということで興味を持っていただけるかと

思います。五所川原のいいところいっぱいですから見てくださいね。

 

いきなり吹雪の中のY.C.M吉幾三コレクションミュージアム!!が出てきますよ。

あっという間ですので瞬きなしで・・・(*^_^*)  (それはないですね)

ご覧ください。

コチラです

https://www.youtube.com/watch?v=M5o7FU3v7Gw

 

吉さんの看板も寒さと吹雪に耐えていました。(^_-)

(動画画面を写真で写したのでよく映ってないですが、動画はとてもきれいですよ。

そしてモチロン

吉さん等身大のアレ!!(#^.^#)

素敵な動画でしょう?!(^^)! 

 

そしてローターアクトというのはどんな団体かというと・・・コチラ

https://2830rac.org/

30歳まで・・・・ですって!!

若い人たちが頑張っているというのはうれしいことです。

今年は五所川原で大会があるということで、五所川原ってこんなところですよという素敵な

動画を作ったのですね。

そして五所川原へたくさんの会員たちが集まって当館にも来てくださる・・・ということで

今から楽しみです。

 

五所川原に来たらこれを観た場所めぐるのもいいですね。

動画の中に

たくさんの赤い鳥居が並んでいる「高山稲荷」がありますが、そこだけお隣のつがる市です。

でもなにせ隣の市ですからひょいと行けますよ。

それでは

今日はこの辺で・・・・。

「春になったらバッケのてんぷら 食ねいい はんで楽しみだっきゃ」

(春になったらふきのとうの天ぷらを食べれるから楽しみですね)

 

久々の津軽弁でした。

 

へば~~~~~

(ではまた~~~) 

 

 

コメント

吉幾三 NEWシングル発売まであと1カ月

2018年02月09日 | 地元紹介

皆さん、こんにちは!スタッフ松川です

今日から平昌オリンピックが始まりますね。

テレビに釘付けになる方も多いのではないでしょうか?

 

さて、来月3月7日には、吉幾三さんのNEWシングル「男うた」が発売されます。

昨日、吉さんのオフィシャルサイトの方では、ジャケット画像も公開されていました

そのジャケットがこちらです。

 

 

かっ、かっこいい

こちらの画像を見ると、この歌にとって『酒』が重要な意味を持っているのかな?

仕事をする男性の歌なのでしょうか。とあれこれ気になります(笑)

新曲の情報は、徳間ジャパンのサイトでご覧頂けます。

(こちらのページの吉さんの画像が最高にカッコいいですこんなお父さんがいたら素敵ですよね

http://www.tkma.co.jp/enka_release_detail/yoshi.html?rid=9756

 

 

「吉ギャラリーの会」でも、これから更新される方や入会される方には、

「男うた」をプレゼントすることになっていますので、CDの購入を考えている方は、

良かったら、お得な「吉ギャラリーの会」を検討してみてくださいね。

詳しくはこちらからhttp://www.ikuzo-cm.jp/fanculbt.html

コメント

スターの手形

2018年02月06日 | 地元紹介

皆さん、こんにちは!大体この時間になるとお腹が空いてくるスタッフ松川です。

 

今日は、ネットで吉さんのニュースを探していたら、こんなのを見つけました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201801/CK2018012402000112.html

なんと!

吉さんの手形が「浅草公会堂スター広場」にスターの手形として追加

されるのだそうです

手形は今年の3月中に設置され、吉さんの他にもいとうせいこうさんら4名の手形が設置されるのだとか。

昨年は、綾小路きみまろさんや樹木希林さんも追加されているのですね。

スター広場については、こちらをご覧ください http://orange-st.jp/asakusakokaido/

 

 

浅草公会堂と言えば今から5年前に、館長ご夫妻に、吉さんの「3回浅草チャリティーコンサート」を見に連れて行って貰いました。

懐かしいです…

吉さんと手を合わせる事なんてことは出来ませんが、この手形と自分の手形を比べてみるのもいいですよね

皆さん、浅草公会堂近くまで行かれましたら、ぜひご覧ください(私も見に行きた~い

コメント

雪と光のページェント2018

2018年02月05日 | 地元紹介

皆さん、こんにちは!スタッフ松川です。

 

今日から、金木の芦野公園で「雪と光のページェント」が始まります。

17:00~20:30まで芦野公園内で、イルミネーションが楽しるんですよ

冬の風物詩でもあるイルミネーション、都会の方だと一般のご家庭でも力を入れている所もあるのではないでしょうか?

五所川原市周辺は、イルミネーションが見られるところがかなり少なく、近くで見られると言う事で、嬉しいイベントの一つでもあります

 

2月11日(日)には、限定イベントがあり、

地元のゆるキャラたちや打ち上げ花火もあるそうです

詳細ページはこちらをご覧ください  http://www.kanagi-gc.net/snowandlight/snowandlight_top.html

1週間やってますので、興味のある方はぜひ行ってみてくださいね

コメント

東北&函館 ローカルレイルパス(海外向けです)

2018年02月04日 | 地元紹介

皆さん、こんにちは。
今日は立春にふさわしい暖かな天気です
ぽかぽか陽気がとても気持ちいいです


タイトルにもあります東北&函館ローカルレイルパス

こちらのパスが今年の年明けから、販売されています。
実は、こちらは、インバウンド対策として、東北&函館の民間鉄道会社が協力して、販売しているものなんです。

ですので、買えるのは海外の方のみなんだそうです。

ネットでもニュースになっているようですね。

台湾語のニュースを見つけました。 http://www.mypacetravel.com/2017/12/tohoku-hakodate-local-rail-pass/

 

こちらは、フリーエリアなら7日間乗り放題というと~ってもお得な乗車券です。

五所川原ですと津軽鉄道で利用できますね

また、指定の施設でパスを提示すると特典が受けられるのですが、吉幾三コレクションミュージアムでも提示すると豪華な特典があります。

 

当館での3大特典

①入館料が10%OFFになる!

 

②当館オリジナルのしおりをプレゼント!

 

③吉幾三リンゴジュースの試飲ができる!

 (吉さんの紙コップに注いでくれる!)

注:缶ジュースが1本貰える訳はありません。

 

このパスを上手に利用すれば、旅がグ~と楽しくなりますね

日本でも時期があるのでしょうが、こういう切符があると良いですよね

 

コメント

さむ~い冬にはこれっ!

2018年01月08日 | 地元紹介

皆さん、こんにちはスタッフ松川です。

新年明けましておめでとうございます。

 

五所川原は昨年と違い穏やかな年明けとなりました。

ですが、まだまだ寒いッ!!

こんな時は、温かい物を食べて、寒さを乗り切りましょう!!

と言う事で、いつもブログを書いてくれているスタッフの其田さんに

おススメのあったか~い食べ物ありますか?と聞いたところ、

五所川原駅前のカフェ「でる・そ~れ」の鍋焼きうどんが、

出汁が美味しくっておススメよと満面の笑みで教えてくれました

 

 

なので、私、早速調査して参りました

久々の「でる・そ~れ」です

 

 

美味しそうなのが色々ありますが、今日は其田さんお薦めの

「ごぼう麺 鍋焼きうどん」 ¥680(税込) にします

 

 

早速、鍋焼きうどんを注文して待つことに…

温かいお茶がセルフサービスなのですが、この器は「津軽金山焼」ですね!!

 

 

こちらが「ごぼう麺 鍋焼きうどん」です

箸袋のギャグもふふっと笑えますね

美味しそう~

まずは、おつゆから。

優しい味の中に、ごぼうと舞茸の出汁がきいてて美味しい~

この卵がまた嬉しいですね。

おつゆがたっぷり浸みこんだ麩もたまりません(笑)

もちろん、おつゆまで完食しました。

こちらの「でる・そ~れ」には、他にも美味しそうなメニューが色々ありますので、それはまた次回に

JR五所川原駅からも津軽鉄道五所川原駅からも徒歩10秒の所にありますので、

列車から降りましたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

へば、またね~

 

 

 

 

 

 

コメント