BAR Reload

大阪府門真市のBAR Reloadの新着ウイスキー情報を中心にマスターの休日の過ごし方などどうでもいい記事も多数ありです

セントパトリックデーでした

2020年03月19日 14時12分09秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
月曜日、火曜日とコロナ以前と同じくらいのお客様が来店してくれました。
おっ?そろそろコロナの自粛にも飽きたのかしら?と思っておりました。
昨日は天気も良く大阪でも桜咲いてもいいんじゃないという気候でして二回あったことは三回目もあるんじゃない?
期待値高めで営業開始。
でございましたが来店者数・・・1名・・・・。
来客数1名というなかなかの強烈なカウンターパンチをいただきました。
弊店は今年の夏で13年になりますがいまだにこんな心配しなあかんのかと思うと情けないやらコロナに怒りを覚えたりと複雑な心境でした。
唯一ご来店していただきましたお客様にはいつも以上に感謝です!




さてさて暗い話はこれくらい、明るい話がしたいです。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

ティーリングシングルモルト 2003 カルヴァドスフィニッシュ for信濃屋さんです。
セントパトリックデーというアイルランドで一番大きな祝日が17日にございました。
最近は少し日本でも認知されております。
聖パトリックの命日でございます。
シャムロックや緑のものを身に着けてパレードしたりミサをしたりするそうです。
なんでこのタイミングでセントパトリックデーのお話をしましたかと申しますと写真をご覧ください。
普段のティーリングには無い緑の蝋封があります。
このセントパトリックデーに合わせて信濃屋さんがティーリングに許可を取り蝋封したそうです。
セントパトリックデーに合わせて販売されますこのティーリング、まずはスペックから。
ティーリング2003
ボトリングは2019、熟成は15年
リンゴのブランデー、カルヴァドスの樽でフィニッシュをかけました。
56.6%
#16637
アウトターンは324本。
僕も以前行きましたティーリング蒸溜所、2003ということはまだ動いてませんので他の蒸溜所の原酒ということです。
クーリーかブッシュミルズですね。





続きましてコピペです。
【香り】フレッシュで華やかな香りの立ち上がり。
蜜林檎と王林の盛り合わせ、ハーブティー、バニラアイスクリームとハチミツ、スイカのやライチ、白いバラ。
古樽のような乾いたオークスパイス。
【味わい】口に含むと、綺麗なフルーティー。
王林、林檎とグレープフルーツのカットフルーツ、ライチキャンディー、ややハーブ、次第にアイリッシュらしいオイリーさとクラッカー。
【フィニッシュ】余韻はオイリー、アップルキャンディー、白コショウ、乾いたスパイスと茶葉のビター。サマーフルーツの戻り香。
こんな感じです
僕も飲んでまいりました。
青い牧草のような香りの後に完熟リンゴ、バニラ
リンゴ、フルーツキャンディ、青いハーブ、胡椒
リンゴのここち良い香りからフレッシュな樽香の余韻です。
こんな感じですね。
白いバラ買って匂い嗅いどきます。
開けたて飲んだせいかコピペほど複雑に感じませんでした。
もう少し時間かけて開いていきそうな雰囲気です。
セントパトリックデーに何もしなかったよっていう人はぜひぜひ。
 



トイレットペーパーはもう薬局に並んでるんですかね?
マスクはまだまだ無いですがトイレットペーパーはデマでした。
どうせデマ流すなら一日いっぱい以上ウイスキーを飲んでる人はコロナにかからないくらい流してほしいものです。
お前が流せやーって言われそうですがバーを経営してる僕が流してもデマ丸出しでしょ(笑)
もしこれが拡散して店に行列ができましてそこで拡散したら元も子もないですよね・・・。
まぁなんやかんや言うてますが明るく元気にいつも通り営業できたらと思ってます。
まだまだ皆様ふるってご来店くださいとは言えない状況です。
それまでじっと我慢の子です。
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!




コメント   この記事についてブログを書く
« ローカルにも来ましたよ | トップ | 結婚100年は何婚式ですか? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アイリッシュ」カテゴリの最新記事