いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

LibreOfficeフォーク時に離脱したOpenOffice.orgの主要メンバーって誰なんだろうという話

2016年09月28日 21時15分27秒 | LibreOffice/AOO
LibreOffice 6周年おめでとうございます!

よくLibreOfficeを紹介する時に、「OpenOffice.orgの主要メンバーが独立してLibreOfficeを立ち上げた」と言われれます。ひとまずOpenStandiaにはそう書かれています。というかこれ情報古いですよ。
それはさておき、この主要メンバーというのが誰なのかがよくわかりません。OpenOffice.orgの主要メンバーは、どう考えてもSun Microsystems/Oracleでした。

非常に簡単ではありますが、主要開発メンバー(特に企業)に注目して図を作ってみました。


OpenOffice.orgはこんな感じです。楕円の大きさには特に意味はありません。


Go-ooというのはOpenOffice.orgのパッチセットで、SUSE/openSUSEやDebian/UbuntuではOpenOffice.orgとしてリリースされていました。直接的にはこれがLibreOfficeの母体となりました。よって、初期メンバーはこれにRed Hatを入れてSun/Oracleを抜いたものと考えていただければいいかと思います。


IBM Lotus Symphonyはこんな感じです。大雑把に言ってOpenOffice.orgにIBM独自のパッチを当て、Eclipseの革を被せたものです。
このOpenOffice.org相当部分はソースが公開されたのですが、Apache OpenOfficeにもLibreOfficeにも取り込まれていないものもあります。


現在のLibreOfficeはこんな感じです。Novellどこ行ったという感じですが、LibreOffice部門の大部分の人員はCollaboraに移籍しました。Novellに残っている人もいますが、仕事でLibreOfficeのソースをいじることはないのだそうです。


以前のApache OpenOfficeはこんな感じです。IBMが主要開発者でした。


そのIBMが抜けるとこうなりますよね。逆に言えば給料もらってApache OpenOfficeの開発している人はいないはずということになります。まー個人の懐事情を完全に把握するのは不可能ですけど。

OpenOffice.orgの主要メンバーであったSun/Oracleの部隊の人達は解雇され、一部の人はRed HatやNovell→CollaboraやIBMに移った人もいますが、ごく僅かです。IBMはApache OpenOfficeの開発から手を引いて、1名はCIBに転職しましたがあとの人は何してるんでしょうね。

LibreOfficeのフォークから現在までの流れを知りたい場合は、『Calcハッカー,吉田浩平氏が語るLibreOfficeの歴史と未来 ~LibreOffice mini Conference 2016 Osaka/Japan 基調講演レポート』が非常に参考になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Apache OpenOfficeはひとまず... | トップ | たまにはアニメについて語ろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

LibreOffice/AOO」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事