いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Linux Mint 17.1に見るCJKへの無理解

2014年11月30日 09時47分16秒 | GNU/Linux
Linux Mint 17.1のリリースおめでとうございます。
とはいえ、私自身はLinux Mintはわりと積極的に嫌いです。理由はいくつもあるのですが、そのうちのひとつは独自ツールの筋の悪さです。

例えばアップデートマネージャ(mintupdate)。これはパッケージにレベルを設定し、レベル4や5になるとセキュリティフィックスであってもアップデートしません。

こんな感じにです。なかなかに上級者向けだと思います。
17.1のインストール直後はこんな感じでした。

お、おう……。

そもそも、デフォルトで登録されているミラーが遠いところばかりで、インストール後一番最初にやるのがミラーの変更だったりします。

これは面倒ですし、なかなかに上級者向けだと思います(コピペ)。

ようやく本題です。17.1からはインプットメソッドのインストールと設定が簡単になるよう、言語の設定(mintlocale)が強化されました。

ふむふむ、見た感じはなかなか良さそうです。[Add support for Fcitx]をクリックしてみましょう。パッケージのインストールが始まります。

"61 optional components avaliable"だと……? いくら何でも多すぎないか……?

インストール完了。[Input Method]を[Fcitx]にして(この操作はいらない気もしますが)、一度ログアウトして再ログインしてみましょう。
そして右下のキーボードアイコンをクリックすると。

中国語になってます。
これはfcitx-ui-qimpanelパッケージをアンインストールし、メニューの下から2番目をクリックしてFcitxを再起動すると直ります。なかなかに上級者向けだと思います(コピペ)。

なんでこんなことになったのかというと。
fcitx-ui-qimpanelはUbuntu Kylin用で、多くの言語で使用されることを意図したものではありません。apt-cache show fcitx-ui-qimpanelを見てもわかると思うのですが。オプションでインストールするパッケージが61個という数の多さを考えても、とりあえずリポジトリにあるものを全部ぶっこみました感ありありです。

ソースコードを見てみましょう。ソースはこれ、そこから呼ばれているリストがこれ。すなわちC(中国語)J(日本語)K(韓国語)の区別が付けられていないんです!
英語とドイツ語とフランス語を一緒くたにしているのと同じようなものなんですけどね……。
直すにしても、もともとの設計からして問題なのでかなりめんどくさそうです。やっぱり筋が悪いです。

ちなみにUbuntuにこの仕組みができたのは6.06からです。すなわち8年前です。ソースコードのフロントエンドがこれ、バックエンドがこれ、リストがこれで、言語ごとにインストールするパッケージが分けられています。

CJKへの無理解があるのは承知しています。むしろ専門家の方が少ないことも理解しています。Red Hatのようにエキスパートが何人もいるところは例外であるのもわかっています。しかし、ここまでのものを2014年にもなって見ることになるとは思いませんでした。
私個人的にはLinux Mintがどうなろうと知ったことではないので、just a recordです。
コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« TVアニメ『俺、ツインテール... | トップ | Ubuntu Weekly Recipe 第352... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまちゃん)
2014-12-01 20:10:33
うぶまがざっぱ~~んありがとうございました。
面白く読ませていただいてます。

昔、Mint14をバーチャルボックスにインストールして試してみたとき、UbuntuJapaneseのリポジトリを登録して日本語化した記憶が。

私は専門家でもなく、ただ単に遊んでいるだけですが、それでもいささかこれは強引に過ぎるのではないかと思いましたが…

最近はUbntu派生ディストリも豊富ですが、やはり本家にはかなわない、ということなんでしょうか?
Unknown (いくや)
2014-12-01 23:28:57
> うぶまがざっぱ~~んありがとうございました。
> 面白く読ませていただいてます。
こちらこそお買い上げありがとうございます。

> 最近はUbntu派生ディストリも豊富ですが、やはり本家にはかなわない、ということなんでしょうか?
UbuntuにはUbuntuのいいところがあって、MintにはMintのいいところが(たぶん)あって、それぞれ好きなものを使えばいい、というのが何よりも素晴らしいことだと思います。
Unknown (南の島の)
2015-02-13 00:40:34
ありがとうございます。fcitx中国語メニューの件。漠然と修正していましたが瞬殺になりました。
17.1から100年の時は流れついに・・・ (そうろうmirror)
2015-11-19 15:55:47
Mint 17.3 Beta
distrowatch.com/?newsid=09191
The Update Manager attempts to locate fast mirrors to improve download times

これで手鏡でパンチラを狙うミラーマン達の心労が軽減

コメントを投稿

GNU/Linux」カテゴリの最新記事