いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

VirutalBox 4.1.4にFedora 16をインストールしてもGNOME Shellが起動しない場合の対処方法

2011年11月04日 11時47分59秒 | GNU/Linux
Fedora 16のリリースが近づいてきました。
VirtualBox 4.1.4のゲストOSとしてFedora 16をインストールしてもGNOME Shellが起動しない! という絶叫を聞いたので、実際に検証してみました。
VirtualBox的には4.1.4でFedora 16対応は完了しています。4.1.2以前ではダメです。Xのバージョンが新しいのが原因のようです。

実際にyumでgccとkernel-develをインストールしてGuest Additionsをインストールしても確かにGNOME Shellは有効になりません。
GNOME Shellのエラーメッセージを見るとどうもSELinuxがらみのようで、エラーメッセージでぐぐると [SOLVED] Fedora 16 as VirtualBox guestというそのものずばりの書き込みを見つけました。
ここに書かれているとおり
$ sudo restorecon -R - v /opt
を実行して再起動するとGuest Additionsが有効になります。
なぜ/opt? と思ったら、Guest Additionsがここにインストールされるんですね。なるほど。

追記:
おうふ。
s/Guest Additionsが有効になります/GNOME Shellが起動します/
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« うちのHDDの在庫状況 | トップ | Kubuntu 11.10でkimpanelが動... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (おがさわらなるひこ)
2011-11-04 13:35:29
わざわざ調べていただき感謝感激です。
つか、エラーメッセージに自分でたどり着けない情弱っぷりに全俺が泣いております……。SELinuxがらみというのはやっぱりというかなんというかの結末でしたって、分かってから予想書くのは意味ないですね。

ともあれホント助かりました!
いえいえ、 (いくや)
2011-11-04 14:37:51
VirtualBox絡みだと萌える、もとい燃えるのでざくざくと調べてみました。
ちなみにSELinuxだとは全く予想していませんでした……。

コメントを投稿

GNU/Linux」カテゴリの最新記事