いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

最近軍歌・戦時歌謡をよく聴いている話

2016年12月14日 21時50分49秒 | 日記
最近戦史関連の本をよく読んでおり、書いていませんが戦争映画も2本ほど観て、今度は軍歌に手を出してみたら、これがなかなかいいのです。

中村桜オススメのみりそん!
クリエーター情報なし
キングレコード

実にへんてこな企画アルバムですが、これがなかなかいいのです。これに「露営の歌」が入っていたら、有名どころはほぼ網羅できるのではないかというくらい。
音源は全てステレオなので、戦後、もっと言えば1960年代(?)に再録音したものと思われます。要するに戦後なので、若干マイルドに聞こえるのかも知れません。
ちなみに中村桜さんは『ガルパン』だけじゃなくて『はいふり』にも出演されていますね。万里小路さんちょっとキャラ立ちすぎだと思うのです。

決定盤 軍歌戦時歌謡大全集(上) ~若鷲の歌~
クリエーター情報なし
日本コロムビア

こっちはガチのやつで、おそらくSPレコードの音源を再録音しているものと思われ、ノイズとかもそのまま聞くことができます。
当時のマスターなんて残っていないでしょうね……というかSPレコードにマスターという概念があるのかどうかも知りませんけど。私は1960年代のレコーディング事情しか知らんので。
流石にこれはBGMにするにはちょっといたたまれないです。ただ、歴史的価値は凄まじいですね。さすが日本コロムビアや……。

とく得BOX 軍歌 戦時歌謡
クリエーター情報なし
キングレコード

5枚組で、4枚は再録音、1枚はSPレコードからの再録音というバランスの良さです。価格も安いので手を出しやすく、また聞きやすいのですが、「中村桜オススメのみりそん!」と重複も多いです。まぁ同じキングレコードですしね。とはいえ、同じ楽曲でも別のアレンジ・歌手というのも多く、そういうのはことごとく「中村桜オススメのみりそん!」に収録されているバージョンのほうができがいいです。なんでやねん。

『この世界の片隅に』を観ても、軍歌・戦時歌謡は非常にポピュラーだったことがわかりますし、当時の世相が少しだけわかったりします。
戦争末期の頃の歌を聞いていると、そんなに貧窮する前に終結させたれよと忸怩たる思いもするわけですけどね。もちろんおいそれと終戦するわけには行かなかったこともよくわかっていますが。
「石と兵隊」とか、これ当時は美談だったと聞いてただひたすら驚くわけですよ……。
コメント (2)

Ubuntu Weekly Recipe 第450回 Raspberry Pi 3にUbuntuをインストールする(Ubuntuカーネル編)

2016年12月14日 21時18分11秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第450回 Raspberry Pi 3にUbuntuをインストールする(Ubuntuカーネル編)

公開されてからUbuntuのバージョンを入れ忘れていたことに気づきました……。本文中にもあるように来週に続くので、どうするかちょっと相談してみます。

もともとはRaspberry Pi 3でUnity 7を動かすという記事にするつもりだったのですが、今回の方法でも次回の方法でもできず、イメージをビルドしてようやく動かしてみたものの、不安定で全く使い物にならなかったので、はてさてどうしようか、いやいや途中経過でも充分に価値があるのではないかと思ってこういう記事になりました。

正直なところ来週のほうが見どころが多いのですけど、今回の目玉は無線LANのところに書いたワンライナーですね。Raspberry Pi 3の無線LANは遅いので効果はないのですが、ものによっては安定して高速に通信できるようになりました。
Raspberry Pi 3をお使いでなくても、Ubuntuで無線LANの速度が安定しないな―という場合は試してみてください。
コメント