小夏日記

ねこと人が仲良く暮らせる街をつくりたい!

ご挨拶,,,,,と、里親さん募集中

私は、彩の国(埼玉県)動物愛護推進員をやっています。
地域猫活動やTNR活動を進めています。
少しだけ、出来る範囲で保護・譲渡活動にも手を染めています(笑)

このブログは、おもに、ねこのこと、
少しねこ以外のことも書いてます♫

※地域猫活動・TNR活動については
カテゴリーの「地域猫活動・TNR活動とは」をご参照下さい。

脱走やら、保護やら、エサやりやら

2022年04月10日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

このところ、里親さんからの脱走の連絡が
2件立て続けに・・・

そういえば、この季節、去年も多かったような記憶が・・
風を心地よく思う良い季節になって、油断される方が多いのかな😢

脱走の連絡が来ると、捕獲機をもって奔走し、
大変なんだよぉ~
なにより、心配なんだよぉ~~
だけど、ちゃんと連絡してもらえるのだから、
それはそれで、良しとする。

 




入間市の公園で暮らしている男性がねこを保護(+_+)
そして、かわいがっていっしょに暮らし始めたと・・・

でも、公園でこのまま暮らすわけにもいかないだろうと、
急きょ保護・・・
本当にいろんな相談が舞い込む今日この頃


下藤沢からは、残された外猫の相談がきた。
おばあちゃんが急死し
八王子から息子夫婦が駆けつけて、
いろいろ後始末に追われていたら、
おばあちゃんがかわいがっていた野良猫が
庭から離れない・・・
どうすればいいのかとの相談
で、とりあえず、私がしばらくは毎日餌やり
こういう場合、そのうち寄り付かなくなるのが
今までの例だけど・・・




他にも、ほんとに様々な相談が、舞い込む。



朝早いこともあり、
そんな時、八津池のボラさんが
こんなものを用意して待っていてくれた。

朝ごはんにって。。。わーーーい


木曜の朝に、うちのねこ、もっくんが
ものすごく静かに息を引き取り
2日間、家に置いて
土曜日に慈恵院につれていきました。

うちのねこは、みんなここに眠っています。

もうずいぶん何匹も看取ったのに、
毎回違う悲しみが、
猫の数だけ違う悲しみが
あるものだなあ




多頭飼育崩壊って。。。保護活動って。。。

2022年03月16日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

最近あちこちで多発している多頭飼育崩壊って
何だろう・・・・・

私が推測するには・・・・

野良猫問題と同じく
2~30年前からの
ペットフードの出現が関わっているように思います。

ペットフードが安価に売られるようになり、
街中で猫が増え始め、
猫の弊害が顕著になり、
その解決策として
猫に餌をやって飼うのなら室内で飼うようにと
室内飼いという概念が広がり・・・

結果、室内で大繁殖

こんな図式も成り立つのかと。

 

なんで、多頭飼育になるのかと
多くの人は不思議に思うけど、

それはごく少数の餌やりさんが必死に室内飼いを守っているからだ。
一方で、ただただ外の猫に餌を与えて
その結果、無責任に地域で猫を増やしている人は沢山いる。
外猫は、たくさん生まれても、たくさん死んでいく・・・
多頭飼育崩壊ほどのセンセーショナルな画像にはならない。

そんな憶測が多少でも成り立つなら、
多頭飼育問題も、
今やっと陽の下の問題として
顕在化したのだから、
これから解決の道筋につくのだと思う。

 



保護活動も大きく変わってきた。
10年前は、かわいそうな犬猫の保護を始めたら
ボランティアが自滅するという状態だった。
数年前は、子猫の保護さえ大変だった。


「保護猫保護犬」という言葉自体が
TVのおかげかな、市民権を得てきて・・・

いつの間にか、子猫は欲しいという方に待ってもらうまでに!

今では、成ネコでも
懐っこい子なら、それなりにもらわれていくようになり、

そのうち、慣れていないシャーシャーの猫でも、
時間をかけて慣らしてうちの子にしたいというような
人も増えてくるかもしれない。


昔は会場探しが難しかった譲渡会も、
今では企業のイメージアップのコンセプト。

あちこちで開かれる譲渡会に
参加する動物のほうが不足するというボランティア泣かせの事態も
起こってきた。

ここ2~3年で、犬猫の状況は、
いろんな面で劇的に変わってきている。良いほうにね。

ボランティアも自分の経験にしがみ付いていては
自らが弊害になってしまう。
変わらなければ。。。。

 

 


どうぶつ基金さんのチケット

2022年01月20日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

昨日の扇町屋の現場は、・・・やはり40匹弱・・何匹かは手術してあるようですけど、
今も増殖中・・・
ただ、昨今は、雄ネコに子猫が食べられているので、そのあたりで・・・猫の本能での頭数制限・・・
あ~~~~

ということで、入間市環境課さんが、どうぶつ基金さんの「さくらねこTNR無料チケット」を
入手してくれたらすぐに始動!
トラップを集めたり・・フードを集めたり・・・準備しなくちゃ

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

私たちは公益財団法人どうぶつ基金「さくらねこ無料不妊去勢手術事業」に参加している「入間市」と協働して多頭飼育救済を行っています。

 

どうぶつ基金が発行する「さくらねこTNR無料チケット」を使用し、不妊去勢手術費用、ワクチン、ノミダニ駆除薬については全額どうぶつ基金さんの負担で進めています。

公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 



 

 


工業団地

2021年10月05日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

今関わっているところの一つ

ここ、入間市工業団地内の油脂会社

先日捕まった子👆

油脂の会社。。。油脂とは、牛豚の脂身のようで・・・

その匂いで猫が近寄り、
そして、この工場の方たちが猫好きで優しく、
餌をやるので猫が居ついていたようです。

で、今回はここのTNR依頼が
東大和のボラさんを通じてはいりました。


そして、近所で猫を増やしている優しいお爺さんが
見つかり・・・
そこも、捕獲に入ります。

こう書くと、すべてがトントン拍子のようですが、
ここにたどり着くまでに・・・もう、数年がかり 😢


餌場の情報が、ほんとに大切!!
 
住宅街だと、苦情として情報も入りやすいのですが、
工業団地や、茶畑広がる地域は、なかなかむつかしい。








環境課と共感

2021年09月30日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

昨日、環境課さんに打ち合わせに行きました。
10月のどうぶつ基金チケットの使用予定やら、
私の活動の報告も軽く♬

どうぶつ基金チケットは、市民からの申請枚数も
ぐっと減っていて、
環境課にも、私のところにも、
大きな相談は来ていないことを確認。

とはいっても、まだまだ・・・
今年だって春以降、60匹以上の子猫を保護しているわけだし。

また来春に向けて、市報にお知らせを載せてもらうことにしました。




歩いて帰ってきたら、夕景がきれいでした。




 


クレーム   来た❕

2021年08月01日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

緑の森の博物館近くのマンション現場で、
クレームが・・・

この地域は確かに10年以上前から猫が多く
困っている住民の方はいることは確かです。

私もここには10年以上関わっていて、
餌やりさんを見つけ出し、
マンションの管理組合も巻き込み、
Nさんという強力な協力ボランティアさんも見つけ出し、
TNRを進め、
と、様々なアプローチを積み上げてきた場所です。

近隣の方からも、猫の姿がめっきり減ったと喜ばれ、
今年も子猫が生まれてしまったけれど、
増える事はこれを最後にしたいと
Nさんが保護を申し出てくれた。


私も
「これでこの地域はもう大丈夫!」
と、Nさんにラインを送ったばかりの同じ日に
こんなクレームのメモがNさんの車の下に置かれていました。


Nさんが車の下で餌をあげているのは事実ですが、
ここまで来るのに、Nさんと私、
どれだけ苦労したことか。。。
Nさんはすっかり落ち込んじゃうしぃ
まだまだ周知が足りないのですね。

ということで、ここからが私の楽しみ。。。。🤤

こういうはっきりクレームを言ってくる人を
説得して、理解してもらうことが
地域ねこ活動の何よりも醍醐味!
私の得意分野なの ウフフ♬


・・・。。・・

2021年02月27日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

市に出す報告書を作っているんですけどぉ

なんでこんなに、邪魔するんだろう・・・・

今は、1月2月の県の手術補助金10匹分と
どうぶつ基金入間市行政チケットの報告を作成中


1月は、昨年発生した43匹多頭飼育崩壊の
後始末に始まりTNRは58匹
2月はTNR16匹
そして2月の後半は、吉見町の犬の捜索

この間に脱走した猫の対策3件
譲渡のお手伝い2匹(?)

動物と人の福祉問題の検討会準備は
手を付けることも出来ませんでした。
43匹多頭飼育崩壊のきちんとした報告も
まだ、このブログに挙げていないし💦


 

 


昨日今日

2019年11月01日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

今日、走行距離を気にしてみたら、90キロ走ってた。
運送業か、配達業か・・・(笑)


たぶん、昨日は100キロ超えてるな。
南峯往復と立川2往復、狭山1往復。
南峯1匹と矢が貫5匹 TNRが済んでよかった。
夏のうだる暑さの中で手術を拒んだ安部さんも
今回は協力的。
依頼者の気持ちになるべく寄り添ってあげたいけど
どうぶつ基金さんのチケットの関係もあるから、
急にやらないといわれると、困ってしまう。

目が見えずらいのか、耳カットねこも捕まえてしまう・・・

 

 

黒須の蓮華院の近くで、猫が増えていて
今年に入って4件の相談が来ましたが 

蓮華院の近くの入間川霞川の河原で捨て猫が多発していることと
無関係とは思えない。 

増やしてしまう人にも責任はあるものの、
捨てることは、許されない。

明日は、佐野に災害ボランティアにいく。
災害は時を選んでくれないから・・・

 

 

 

 


駅前プラザ URとの交渉 9/4

2017年09月05日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

入間市駅前プラザ

入間市駅のロータリーからそのまま続く
好立地の集合住宅

分譲と賃貸と、区分が分かれていて
今回は賃貸部分の管理責任者UR都市機構と交渉

市環境課もお願いしたら同席してくれて
内容的にも実の詰まった話し合いに
なったとおもいます。

URのほうからは
1、手術費用は出せない
2、餌やりを公に許可することはできない

2点の条件がクリアに出されてきたのに対して
私たちは

1、費用はいるまねこの会で考える
2、餌やり禁止を取り下げてほしい

と回答。

URの数年前とは全く違う柔軟な対応に
ちょっと明るい手ごたえを感じました。

もしかしたら、この団地で地域猫活動に
入れるかもしれない!





 


動物愛護推進員に、TNR補助金!

2017年05月10日 | どうぶつ基金さんのチケットでの活動

彩の国動物愛護推進員1名にあたり、
5万までの野良猫手術費用補助金が出るようになりました。
今日はその説明会に浦和に行ってきました。

補助金をもらうためには
提出する書類も多く、とてもめんどくさい。




それは確かだけど、
でも新しい制度の最初は、それはそれで仕方がないこと。

推進員みんなでこの制度を使って、成果をあげて
使いやすい制度にしていくのが、
推進員と県の、これからの共同作業だと思う。

とにかく、推進員の活動に補助金が出るというこの補助金制度は
画期的!!
全国でも、埼玉県が初めてのケース!!