【タイ山岳民族の村に暮らす】

チェンマイ南西200キロ。オムコイの地でカレン族の嫁と綴る“泣き笑い異文化体験記”

【秋、深まる】

2016年10月11日 | オムコイ便り

 雨季もそろそろ終わりに近づいてきたのか、空模様がずいぶんと変わってきた。
 
 1週間ほど前までは、終日薄い雨雲が空を覆うことも多かったのだが、このところ早朝は村がすっぽりと朝靄に包まれる。

 それが次第に消え去ると快晴になり、午後になって雨雲が遠慮がちに顔を出す。

 そして、夕方になると短いスコール。

 一夜明けると、また朝靄に始まる快晴が始まるのだ。

 涼しさの増した庭には、こんな花。



 オムコイの秋(?)の深まりを感じる今日この頃である。

☆今日も、応援クリックをよろしく!
タイ・ブログランキング
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ペンダントとソムタム】 | トップ | 【哀悼の黄色】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オムコイ便り」カテゴリの最新記事