今日の一貫

大泉一貫のBlog

知床 尾白ワシ、蝦夷鹿、マス

2005年10月03日 | Weblog
9月29日から知床。

10時に仙台空港を立ち、13時過ぎには中標津へ。
NHK西村、林氏らと合流。

およそ1時間かけて羅臼を経て、相泊まりへ。
水中カメラマンの関勝則さんと合流。

すぐに漁船で知床半島の突端へ。
すぐ目の前が国後。
関さんは、知床に住んで16年の人。水中ガイドや、水産資源の調査などに携わっているが、著名なのは、水中カメラマンとして。羅臼の海の生き物たちを撮影し続けている。暮れ俺やウニなども。また、水中から流氷を取り、その流氷の合間から空が見えるという構図の写真がある。しかも空の一部に島が見えるというもの。これを撮るのに、息をすると下から上へ気泡が上がり、写真に写ってしまうのでずーっと息を殺して撮ったのだという。

海鵜がいる。カモメももちろんいる。カラスが多い。カモメがカラスを追い払っている。オオセグロカモメというそうだ。
尾白鷲が鳶をしたがえ飛んでいる。大鷲は羽の前が白くてかっこいい。

船から下りて相泊まりから羅臼へ戻る。
知床にはおよそ70以上の川があるという。急流で、10キロに満たない川だ。マスがどの川も遡上している。道の途中に鹿がいる。鹿は増えすぎたので捕獲しているという。

その日は羅臼の菊屋泊。
菊屋の主人は駒大苫小牧野球部の初代エース。夕飯はタラバガニ。

知床自然センター
森と平原を通り、断崖の海岸縁へ。滝が落ちている。途中鹿と遭遇。斜里町が営んでいる自然センターは動物との共生に尽力。
熊との共生。
年間の目撃件数が20年前の10倍、500件を超えているとか。 
知床では、この30年間に、人がクマと出会ってけがをした、とか、命をなくしたという、事故は、軽傷事故の一件のみなのです。
その秘密は、クマを護るし人も護る特別チームの活躍のおかげ。

そういえば、山形県西川町でもそんな話を聞いた。熊は一杯いるが事故はないという。
猿害も似たようなものとのこと。
自然センターのレンジャーの活躍は確かにいいのだろう。

斜里町で昼食。町が近づくと知床とは違った景観で、畑が広がる。

イタリアレストランに入る。
一歩出たらなんと「におい」。家畜の糞尿が畑にまぶされたにおいだ。さすがに畑作畜産地帯と感心。

林さん、パスタを食べた後のこのにおいに、「パロマにいたときのにおいだ」
彼は、声楽家、バスでイタリア経験もある。
パルマなんて、中田がセリエAのパルマに行くまで知らなかった街、といったら、
意外と有名なんですよ、「パルマハムがあるし、パルメサンチーズもパルマです」豚肉が有名だからこのにおいなんです。

知床博物館を見た後オシンコシンの滝経由で羅臼へ。

漁師料理はそれなりにうきうきするもの。
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 楽天はどうなるか? 始球式... | トップ | 農業経営安定対策の担い手確... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

テスト (札幌二条市場:マルミおさない商店)
今、千歳空港では鹿肉がブームです。...
Biotek ephedrine. (Ephedrine faq.)
Ephedrine. Homemade ephedrine. Who sells ephedrine diet pills. Ephedrine effects. Biotek ephedrine. Health risks of ephedrine. Danger of ephedrine.
Vicodin. (Vicodin detox.)
Vicodin. Vicodin detox. Vicodin without a prescription. Vicodin without prescription.