壱岐☆Iki Iki 情報プラザのほぼ毎日?ブログ♪

壱岐の情報や壱岐市福岡事務所の活動状況など、おもしろ情報満載のブログです(・∀・)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

~古代航路体験~ 一支国シーカヤックを体験しました♪

2016-10-29 08:50:00 | 日記

人気ブログランキングに登録しました


九州地方 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします


寒くなる前に・・・と秋の心地よい気候の中、『~古代航路体験~ 一支国シーカヤック』を体験してきましたヾ(≧▽≦)ノ

カヌーで青嶋から内海湾(うちめわん)へと漕ぎ出し、古代船の航路をなぞって、日本遺産「原の辻遺跡」と「内海湾」を繋ぐ「幡鉾川(はたほこがわ)」を往復します

壱岐の島の美しい稜線を眺めながら、古代人の文化と営みを体感できるんです目(キラキラ) デコメ絵文字

時計♡ デコメ絵文字所要時間: 2時間程度(その他プラン有り)

お金 デコメ絵文字料金(税込): 大人¥3,100~/1名、小人¥2,400~/1名 (ガイド、保険料、装備代、消費税、インストラクター&並走ボートがつきます) 

ぉはな デコメ絵文字申込可能人数: 最少催行人数:大人3名、最大催行人数:15名

英.子供* デコメ絵文字対象年齢: 小学生(身長130cm以上)から

鉛筆 デコメ絵文字参加方法: 要予約、年中遂行(天候により乗艇できない場合があります)

服 デコメ絵文字服装: 濡れてもよい服(できれば水着等)、運動靴、日焼け対策

船 デコメ絵文字当日出発地/受付場所: 壱岐市芦辺町諸吉南触1792番地 (青嶋公園駐車場内)

電話 デコメ絵文字お問合せ/体験申込先: 0920-45-2065 原の辻ガイダンス内 (9:00~16:30)


受付を済ませ、お世話になるカヌーとご対面ヾ(≧▽≦)ノ

一言でカヌーと言っても、何種類かあります!!

写真左が2.5人乗り用(大人2人と子供1人)で、右が1人乗り用だそうですほし デコメ絵文字

種類、形によってそれぞれの特徴があるようです!(^^)!


さて、いよいよ海へと繰り出しましょう

2人の息が合わないとなかなか思う方向に進まないカヌー船 デコメ絵文字

始めの方は、思っている方向と違う方にすぐ曲がってしまい苦戦しました(笑)

でもコツさえつかめば、スイスイ進みはじめましたよヾ(≧▽≦)ノ

矢印の、山と山の間の幡鉾川(はたほこがわ)に向かって行きますよ~ほし デコメ絵文字


川に入れば、そこは壱岐じゃないような不思議な光景が広がります!

海面まで木々が生い茂っていました!木 デコメ絵文字ビックリ デコメ絵文字

 

カヌーからの景色です

この先に原の辻遺跡があるのですが、カヌーで行けるのはこの橋まで。

 

橋まで行ったら、海の方に引き返しまーす☆

 

本来はできるだけ自分たちの力で航路を往復するのですが、潮の満ち引きの関係上、だいぶ時間がかかった私たちは、このままじゃ小島神社に行けなくなる・・・

ということで最終手段!!

インストラクターさんにエンジンか付いた船で引っ張ってもらいましたてへぺろ デコメ絵文字てへ デコメ絵文字(笑)


川を抜けたら、壱岐のモンサンミッシェルと言われている「小島神社」に向かいます船 デコメ絵文字

満潮の時にこんなに近くで小島神社が見られるなんて~うっとり デコメ絵文字

なんだか不思議で、新鮮な感覚ですおはな デコメ絵文字

もうちょっと潮が満ちていたら鳥居の間をカヌーでくぐることができたそうです 残念

 

そのあと青嶋公園駐車場に戻って、インストラクターさんご厚意の元、1人乗り用のカヌーにも挑戦しました 

こちらは、2.5人乗り用のタイプと違って横幅が細い分バランスを取るのが少し難しいのですが、スピードは出やすいそうです

 

あ、、、松の木に正面衝突木 デコメ絵文字(笑)

 

 

普段することがない体験で、違う角度から見る壱岐は不思議で、また新鮮さがありとってもすばらしい体験ができましたほし デコメ絵文字

ご協力いただいたみなさんありがとうございました(^^♪

 

みなさんも是非、体験されてみてはいかがですか(*^_^*)


↓ポチッと応援お願いします


九州地方 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第11回原の辻ウォーク2016 & ... | トップ | 『海の王都~原の辻遺跡と壱... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事