壱岐☆Iki Iki 情報プラザのほぼ毎日?ブログ♪

壱岐の情報や壱岐市福岡事務所の活動状況など、おもしろ情報満載のブログです(・∀・)ノ

日帰りモニターツアー~元寇歴史編~

2016-02-16 08:50:00 | 学問


九州地方 ブログランキングへ

ど~ぞ、応援のクリックをお願いいたします

壱岐市観光連盟さん主催の

に同行しちゃいました!!

なんといっても、ブランド牛の壱岐牛ランチ!!
…にも惹かれましたが、歴史文化にも興味があるんです!!壱岐島内に点在する元寇ゆかりの史跡や名所を巡るという内容!!そして、『壱岐のおもてなしガイドが元寇ゆかりの史跡をわかりやすく丁寧にご案内』
という記載があったら、ワクワクします(意外でしょ!?(*´艸`*))

 

さて、出発前に元寇【文永・弘安の役】をおさらいしましょう。
なぜなら~、モンゴル帝国皇帝:クビライ・ハーン

「神風で勝った」しかもう覚えてなかったのです。

その程度の知識でツアーに参加しても、面白くない!!と思い、お勉強しました。

まずは、


1月・・・蒙古の使節が国書を持参し、日本を訪れました。(太宰府に到着)
3月・・・北条時宗(18歳)が第8代執権となる。
 



10月3日・・・蒙古軍が大小900の船団を率いて出航。
10月5日・・・対馬に上陸し島民の多くを殺害。
10月14日・・・壱岐に上陸。
10月20日・・・蒙古軍が博多湾に襲来。日本軍は少弐景資を総大将として迎え撃った。対馬、壱岐、太宰府などにおいて激戦の末、蒙古軍を撃退した。

余談ですが・・・
執権・時宗は、この後、再度やってきた『元』の国使を斬り捨てさせたそうです。
それは、『文永の役』の時、特に壱岐・対馬島民が受けた残虐行為、相手の戦争の仕方が、兵と兵の戦いのみならず、民百姓も含めた皆殺しの残虐方式であり、女も子供も拉致連行し、米・財貨も略奪し尽くし、捕獲した馬まで食べてしまうという戦い方に憤ってのこととあります。
ん~、こんなことされたら私も怒っちゃいますね(-_-メ)



続いて、


5月3日・・・蒙古軍の日本侵略軍が朝鮮を出発。
5月21日・・・蒙古軍、対馬に上陸。日本軍の激しい抵抗を受ける。
5月26日・・・蒙古軍、壱岐に上陸。

6月29日・・・壱岐島に駐留する蒙古軍に対して日本軍が攻撃。日本軍は、瀬戸浦から上陸をし、激戦が展開された。

7月2日・・・壱岐島に駐留する蒙古軍に対して日本軍が再度攻撃。蒙古軍は平戸島に退却。
7月30日・・・台風襲来。蒙古軍の軍船が多く沈没・損壊する。

閏7月5日・・・蒙古軍は撤退を決定。伊万里湾海上において日本軍の総攻撃を受け壊滅。

閏7月7日・・・日本軍の勝利によって終わった。

※Wikipedia【元寇】参照

なんとなく、思い出してきましたよ~
さらっとですが!!ただ、台風到来で蒙古軍が撤収したのは、弘安の役だけだったんですねぇ~
びっくりΣ(・□・;)

ココでも余談part2!!
「閏」って出てきたでしょ!!
これは、閏月(うるうづき)と読みます。現在採用されてる暦(4年ごとに1日にを加算する)閏年(うるうどし)とは大きく異なり、和暦では、約3年に1度、1年を13ヶ月としているので、閏7月=2回目の7月ということです。
(和暦って、思っている以上に追及すると面白いのかもしれないですね!!)

と、こんな感じでバタバタ勉強した感じですが、、、気合満タンで行ってきます

この日のお天気は悪いですが、、、

私の頭の中は、快晴ですよ~

さぁ~お舟に乗ってGo~~~( ´Д`)ノ~バイバイ


 

次回は、ツアー内容を順を追って紹介します(^^)v

 

 

↓ポチッと応援お願いします


九州地方 ブログランキングへ

コメント