壱岐☆Iki Iki 情報プラザのほぼ毎日?ブログ♪

壱岐の情報や壱岐市福岡事務所の活動状況など、おもしろ情報満載のブログです(・∀・)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一支国の至宝 海を渡る(?)Part2♪♪

2014-12-18 08:50:00 | 旅行記

人気ブログランキングに登録しました


九州地方 ブログランキングへ

クリックをお願いいたします

 

最近お肌の調子が良くないのよねぇ~~

おはよ~~ございます

さて、先日ご紹介した『一支国の至宝 海を渡る(?)』

休館日の九州歴史資料館に忍び込んだ・・・

失礼・・・

12月9日から福岡県小郡市にある九州歴史資料館で開催されている『一支国の至宝 海を渡る(?)』の準備の様子をお伝えしました。。

壱岐市教育委員会の松見さん、、奮闘中でござったよ

けど、先日は準備日なので当然休館日。。

常設展もみることはできませんでした。

・・・と、いうことで、クリスマス風に飾り付けられた西鉄電車に乗り込んで、、、

九州歴史資料館に再びやってまいりましたぁ~~~

2階建ての和風な造りのコチラの資料館。。

4階建ての一支国博物館より床面積が広いなんて、、その規模の大きさが分かるってもんです

早速館内に入って左に曲がると・・・

第一展示室がありま~~っス

入ってすぐのところには壱岐の写真と紹介。。

バッチリ壱岐の観光パンフも設置

コチラが第一展示室でぇ~~っス

原の辻遺跡から出土した遺跡が所狭しと並べられてます

魏志倭人伝に唯一王都の名前が記されている一支国。

その内容と実際に出土した遺物の紹介が分かりやすく解説されています。

おぉ~~~

メッチャ守られた感じのこのキレイな展示品。。

その内容は・・・内緒です

ぜひ実際行ってみて確かめてみてくださいネ

そしてコチラは第二展示室

今回の展示は総数287点にも及ぶため、、二部屋に分かれて展示されているんです。

この部屋の入り口には最近肌荒れが気になる彼が警備のために休むことなく立っています。

普通はガラス越しに見る展示なんでしょうが、、今回は一支国博物館の展示方法同様、何も遮るのものがない状態で直に遺物を見ることができるんです

日本通運のこのような商品専門に運搬される皆様も設置に奮闘されていました

壱岐のカラカミ遺跡から出土した遺物や・・・

コチラは朴骨(ぼっこつ)

一支国博物館でビューシアターを見た方は何に使われるものかご存知ですよネ

そして今回の展示は、ナント撮影OKなんです

通常は、コチラの資料館の他の展示も一緒ですが、撮影は禁止されています

それが今回はOKという何とも太っ腹な展示になっているんです

歴史好きな方にはたまらないですよねぇ

松見さん、、面白いじゃないですか

コレはデリバリーミュージアムという事業で、、昨年は長崎で、来年度は関西で壱岐の遺物が展示予定なんです

壱岐の遺物くんたちも大活躍ですネ

『一支国の至宝 海を渡る』展は九州歴史資料館で来年3月9日まで開催されています。。

ぜひ皆さま壱岐で発掘された貴重な遺物を観に行ってくださいネ

九州歴史資料館

福岡県小郡市三沢5208-3

西鉄天神大牟田線三国が丘駅から徒歩約12分

午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

一般200円(150円) 高大生150円(100円)(第1・3展示室のみ有料)、中学生以下無料(土曜日は高校生も無料)

月曜日(ただし祝日・振替休日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)

0942-75-9575

http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/index.html

九州歴史資料館は福岡県の埋蔵文化財センターの機能もあるのです

平日に行くと普段見ることができない遺物の復元風景や解析の様子も見ることができますのでコチラもぜひご覧くださいねネ

(↑たまたま外でお逢いした杉光誠館長さんウチの子たちをど~ぞよろしくお願いします

↓応援のクリックをお願いします


九州地方 ブログランキングへ

コメント