壱岐☆Iki Iki 情報プラザのほぼ毎日?ブログ♪

壱岐の情報や壱岐市福岡事務所の活動状況など、おもしろ情報満載のブログです(・∀・)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大会・会・会☆

2013-03-27 09:10:29 | ブログ

人気ブログランキングに登録しました


人気ブログラ ンキングへ

クリックよろしくお願いします

 

今年もいよいよ「壱岐サイクルフェスティバル」の申し込み受付が始まりました

2013_ikicycle_poster_a_4

1989年に町おこしとして始まった本大会も、今年でナント25回目

Photo

コチラ↑は10年前、2003年の大会の様子

記念大会となる今回は、平成25年6月9日(日)に開催されます

ちなみに第1回から第24回までに参加した選手の総数は、なんと12,341名だそうです

もしかしたら、12,345番目の参加者は、あなたかも

Photo

壱岐サイクルフェスティバル

開催日 平成25年6月9日(日)

 申し込み締め切り 5月10日(金)

参加料金 一般/6,000円、
        高校生/5,000円、
        小・中学生/無料

(但し、30kmに参加の中学生は、3,000円)

コースなどの詳細につきましては大会ホームページよりご確認ください

http://iki-event.ecgo.jp/

・・・・・・・・

さて先日、以前からご紹介している西日本支店長会(←クリックで記事を表示します)の活動の一環で、

P1040650

ホテル日航福岡へやって来ました~

P1040648ed

なにやら賑わっています

何が行われていたかといいますと・・・

P1040644ed

「第148回直木賞受賞西日本新聞社記念文学対談」

参加できるだけでも文化人になれた気がします

会場内は残念ながら撮影でした

今回対談されたのは戦国時代の絵師、長谷川等伯(とうはく)の生を書いた「等伯」で第148回(2012下半期)直木賞を受賞された福岡県八女市出身の作家、

Enn1302030709001p1

安部龍太郎さんと、

代表作「あじゃくれ瓢六」等で知られる美しい歴史作家、

Rm

諸田玲子さんです

諸田さんのホームページはコチラ↓

http://www.r-morota.net/

本の内容についてはもちろん、歴史的観点から「日本人」や「作家」など、広いテーマでお話をしていただき、歴史が苦手な私でもスルスルっと内容が頭の中に入って来ました

Book

中には「恋」というものは人間の世界観を変えてしまう力があり、恋をすると翌日からその人の日常生活が全く変わってくる

最終的に「恋が歴史を作っているのでは?」

といった話もありました

Takasugi_3

また、高杉晋作の辞世の句と言われている

「おもしろき こともなき世を おもしろく・・・」

という句には、「心の持ちようで世の中が変わる」という意味がある・・・そうですが、実はこの句、「高杉晋作を看病していた野村望東尼(もとに)という女流歌人が詠んだのでは?」「2人の関係や如何に」というゴシップ的な話もありました

今回も様々な勉強をさせていただきました

・・・・

そんな文化的な時間を過ごした後、レオパレスホテルに足を運び・・・

P1040654

福岡壱岐の会に参加しました~

テーブルにはモチロン、

P1040652

壱岐焼酎が用意されています

今回は3月4日のブログ(←クリックで記事を表示)でご紹介した在福長崎県4団体交流会の時に出てきた、

P1040878

「あるまど(ありまど)」や壱州豆腐が出てきました

P1040653

会場は終始和やかなムードで、

中には・・・

P1040659

「初めまして」のご挨拶をされる方も

・・・あれっっ

よく見ると・・・

P1040658

「みっちゃん」こと、観光商工課の篠崎係長ではありませんか

ちょっと難しい話の後に「みっちゃん」を見るとホッとするのは、私だけでしょうか

手にしているのは「しまとく通貨」のチラシ

壱岐出身で福岡在住の方々に、お得な「しまとく通貨」について是非知っていただきたいということで飛び入り参加されました

「しまとく通貨」について詳しくはコチラ↓

http://www.shimatoku.com/

福岡壱岐の会では、様々な分野で活躍されている壱岐に所縁のある方々とお話しすることができ、またまた勉強させていただきました

 

↓ポチッと応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ

コメント