生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2685 ・安倍首相は、「私が立法府の長であります」と、堂々と答弁――これで国会は止まらないのか

2016-05-18 09:42:20 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信2684(160517)をお届けします。 

・安倍首相は、「私は、立法府の長であります」と、堂々と答弁――これで国会が止まらないのか

 安倍首相は、一昨日5月16日に、衆院予算委員会で「私が立法府の長であります」と、堂々と答弁しました。しかし、朝日新聞をはじめ、日本のメディアは完全に黙殺しました。これまでの国会答弁なら、審議がストップし、やっさもっさのあげく内閣総辞職に進むはずのものでした。

 5月16日に民進党からは山尾志桜里政調会長が質問に立ちました。それに答えて安倍氏が放ったのは、「山尾さん、あなたは国会の運営について、少しは勉強した方がいいですよ。私が、立法府の長であります」と、やったのだ。

 日本は、三権分立の手前、立法府の国会の長は、衆議院なら衆院議長です。参院なら、参院議長となります。行政は、内閣の長です。そのケジメモわからぬままに、うろ覚えの無駄口をたたくから、えらいことになります。ただ残念ながら、山尾氏はこの絶好の機会をはずしました。

 この質疑については、朝日新聞が4面で、例えば、山尾氏が保育士窮余の引き上げについて質問し、「女性の賃金だけをもとに話すのは、男尊女卑だ」としたのに、安倍首相は「男尊女卑とは、誹謗中傷だ」と、激しく反発。そうした紙面がありながら、朝日も「立法府の長」発言は、知ってか知らずか見逃した。山尾氏も、「立法府の長」はどうやら見逃してしまったようです。

 この「立法府の長」問題は、黙って見過ごすわけにはいきません。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2684 ・沖縄は辺野古がダメ... | トップ | 2686 ・憲法がダメ、経済も... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腹に一物、それが露呈したのでは? (かやねずみ)
2016-05-18 12:22:58
岩上 安身 Twitter

三権分立を理解しないおバカと笑ってはいられない。緊急事態条項によって立法府の権限まで内閣の手に握ろうとしている独裁前夜の男の頭の中身が露呈した発言。恐れるべし
イロハのイです。 (まともさ)
2016-05-18 22:54:20
三権分立を理解しない、きわめて危機的な状況です。
安倍が訂正を申し出ないのでしょうか。
中学の社会科で学びました。大阪府立の高校の入学試験ででも出題されます。
日本国憲法を安倍は勝手に変更解釈しよる。反知性の極みである。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事