生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2575 ・これ以上原発のゴミを増やす高浜再稼働に反対します

2016-01-28 09:08:01 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信2575(160128)をお届けします。

・これ以上原発のゴミを増やす高浜再稼働に反対します

 ついに再稼働を行い、そのゴミはただ「たまる」一方になりました。関西電力の高浜原発3号機(福井県高浜町)は29日にも再稼働し、そこでたまる「核燃料」はまったく置き去りのままです。朝日新聞の本日1月28日朝刊によると、「一時的に置いておく『中間貯蔵施設』の県外建設も、福井県知事は再稼働に同意する条件の一つとして挙げたが、見通しは立たないままだ」そうです。

 30キロ圏の住民は最悪の場合、福井、兵庫、京都、徳島の4市町56市町へ避難することになるが、朝日の調べでは「56市町のうち7市だけだ。これらの課題を置き去りにしたままの再稼働は、『見切り発車』というほかない」と、切り捨てています。

 なぜ、このように原発にこだわるのか。核のゴミがたまればたまるほど、核兵器の原材料として利用しやすくなるからですか。核のゴミがたまればたまるほど、国が何とか助けると考えているらしい。

 核のゴミをどうしたら安全に捨てられるのか、まずそれを先に検討しなければなりません。今のやり方は、国も、そして電力会社も、ただ原発を動かしたいだけです。

 仮にそこでもう一度原発事故が起きても、高浜には逃げる道もありません。これをどうするのか。自分たちが食べる“糧”のために、なんとか許してもらいたいというのは、自分たちの“欲”です。これから、孫やそのずっと先までの人びとには、だれも許可しようがありません。自分たちのために、こんな恐ろしいことをしていていいのでしょうか。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2574 ・「オリーブの木+共... | トップ | 2577 ・中村哲さんが、「一... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信じるに足りない左翼の議論 (神様)
2016-01-28 13:58:52
原発について御高察いただいているやうだが、
申し訳ないが、信じるにたりない。
よーするに原発そのものよりも、根底にあるのは感情
嫌い、好かん、ってやつだ。
  安倍は好かん、嫌いだ。大勢は嫌いスカン。
こーゆー感情が根底にとぐろを巻いておる。

  反体制派の議論はすべてそうなのだ。
真剣な議論ではない。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事