自然を求めて近辺ぶらり

四季折々の風景、草花、野鳥など特にテーマを決めずに写真を撮り歩いています。

チョウトンボの舞は変幻自在です。

2018年06月30日 | 昆虫
まだ数は少ないのですが、チョウトンボが飛び交い始めました。この蝶は光線の当たり具合で、翅の色がいく通りにも変化するのが特徴です。ヒラヒラと飛んでいる姿は、ゆったりとしているように見えますが、実際に撮影するとなるとかなり厄介です。体長4cmほどの小さなチョウトンボが、ホバリングしたかと思えば、急上昇・急下降、急旋回などの複雑な動きを繰り返したり、急にスピードを上げたりもします。望遠で追いかけるのが精一杯で、ピントがうまく合わず翻弄されっぱなしです。どうにかピントが合った写真は偶然にすぎません。
















時には2頭が追いかけっこをします。この時のスピードはかなりのものです。






























コメント (8)

シモツケの花とミツバチ

2018年06月29日 | 花のある風景
シモツケは、下野の国 (しもつけのくに:現在の栃木県)に自生が多かった。または最初に発見されたことからシモツケと命名されたとのことです。ピンク・白・赤などの他に、赤と白が半々に混ざり合ったものなど、いろんな種類があるようです。この花にも頻繁にセイヨウミツバチが吸蜜にやってきています。



































コメント (8)

自然観察会・「昭和の森を歩く会」と「緑化センター季節の花めぐり」

2018年06月28日 | 自然観察会
6月27日に、"愛知県緑化センター季節の花めぐり" が「ボダイジュとネムノキ」をテーマに開催されました。アップが遅れましたが、6月24日には "愛知県昭和の森を歩く会" が「湿原の植物」をテーマに開催されました。二つの自然観察会で出会った花や植物や昆虫類を同時に掲載いたします。

昭和の森を歩く会
ヒメヤブラン


ノカンゾウは、水源の森の湿地のあちらこちらで咲いています。


ヨウシュヤマゴボウ


ツクシハギ


ツユクサ


ヤマウルシも一部色づいています。


シャシャンボ


ヒメヤシャブシ


トチノキが一部分だけ色づいていました。


ベニシジミ


ハッチョウトンボは、今回も多数飛び交っていました。


キマワリ
この昆虫は、木の幹の周りをぐるぐると飛び回るのだという。どうやらその行動から名前がついたようです。


ウバタマコメツキ


イトトンボ


ヒペリカム


コース外 (学習の森湿地保存地域)
コモウセンゴケ


緑化センター季節の花めぐり
下の写真はイノシシが水浴びをした後に、木の幹に体をこすりつけた跡です。水浴びでついた土とイノシシの毛が残っています。


ちなみに、イノシシの水浴び場はこのようなものです。濁り湯か泥湯の野天風呂といったところでしょうか。ここで水浴びをして、体についた害虫などを落とすようです。 この水浴び場はイノシシが掘ったものです。(2016年8月緑化センターで撮影)


ギボウシは、苗の広場周辺で群生しています。これから見頃になるようです。




このギボウシは、ストーンガーデンにあるもので、上のギボウシよりも色が濃いです。


ボダイジュ (シナノキ) の花
葉っぱの真ん中に花が咲きます。今年は花の咲くのが早かったせいで、ほとんどが実になっています。


ボダイジュ (シナノキ) の花の後にできた実です。
葉っぱが落ちるときにプロペラのようにクルクルと回転し、風に乗って遠くまで運ばれるようです。葉を放り上げてひらひらと舞うところを見せてもらいました。


トチノキもたくさんの実をつけています。


タブノキも実をたくさんつけています。


トウネズミモチ


ネムノキ


ノウゼンカズラ


ヘメロカリスは色違いもありました。


マサキ


イヌエンジュ


マテバシィは2年かかって、この大きさの実に成長するようです。


モッコク


ヤマボウシの実が赤く熟れ始めています。


カクレミノ


カワラナデシコ


ハマナデシコ


ヒペリカム


キョウチクトウ


クチナシ


オオヤエクチナシ
コメント (8)

カワラヒワがお花畑にやってきた。

2018年06月27日 | 野鳥
ここはつい先日まで、ヤグルマソウ ?・シロツメグサ・シャレーポピー・ヒメジョオンなどが咲いていたお花畑です。花の盛りも過ぎて枯れて棉状になったものが目立ちます。その枯れた花を求めてカワラヒワが数羽やってきています。口いっぱいに頬張っては盛んに食べています。食欲旺盛のようで花の種類を変えては口にしていました。時にはヒメジョオンの茎をかじるような仕草も見せます。咲いている花そのものは食べないようです。






























ヒメジョオンの茎を齧っているようにも見えます。


























カワラヒワとスズメ

コメント (8)

"ラベンダー食堂" には華やかな衣装をまとった蝶もやってきます。

2018年06月26日 | 花のある風景
ラベンダーの蜜を求めてやつてきたヒメアカタテハやモンキチョウなどです。ハチ類が圧倒的に多い中にあって、華やかなドレスをまとって、ラベンダーの花の間をヒラヒラと優雅に飛び回っています。ジャノメチョウやモンシロチョウもやってきています。

ヒメアカタテハ










モンキチョウ










ジャノメチョウ






モンシロチョウ


ヒメアカタテハ








モンキチョウ





コメント (10)

蜜が吸い放題・舐め放題の "ラベンダー食堂" は大賑わいです。

2018年06月25日 | 花のある風景
ラベンダーの花が香る季節がやってきました。愛・地球博記念公演のラベンダー園では、甘い香りに誘われて昆虫たちが大勢押しかけています。時間無制限で吸い放題・舐め放題、しかも無料とくれば、大勢のお客さんが詰め掛けるのは当たり前かもしれませんね。海外からのお客さん "セイヨウミツバチ御一行様" も団体でご来店のようです。

こんなお客さんもご来店です。(カミキリムシ) 






アリャー!! 交尾しながら蜜をお吸いになっているお客さんまで。(シオヤアブ)
お客さん、店内で風紀を乱す行為はご遠慮ください。・・・とは申せません。なにしろこのシオヤアブはスズメバチを一撃で仕留める必殺仕事人(虫)だということですから見て見ぬ振りです。(人間を刺すことは、めったにないようですが、用心をするに越したことはありません)








セイヨウミツバチのお客さんが一番多いようです。あちらこちらのテーブルに分散してお召し上がりです。


























クマバチ
少し丸い体型のクマバチさんは、摂取カロリーを気にしながらのお召し上がりです。








バッタ


スズメは蜜は吸わないようですが、ラベンダー畑周辺にたむろしています。
コメント (12)

船頭平河川公園の花ハスと水生植物のポンテデリア

2018年06月24日 | 花のある風景
「なばなの里」を後にして、愛知県愛西市立田町の「船頭平河川公園」に向かいました。ここは花ハスの名所です。一部咲いていない品種もありましたが、ほぼ見頃といっても良い状態でした。船頭平河川公園の後、すぐ近くにある、"森川花はす田" にも立ち寄って見ましたが、こちらはまだ咲いていませんでした。7月14・15日に"蓮見の会"が行われるとのことです。その頃には見頃になっているものと思われます。


























ポンテデリア






ハルシャギク ?


これより下の写真は、「なばなの里」で撮影したものです。
ユーホルビアとトレニア


ルピナス


なばなの里の園内風景














オダマキ


本日は、コメント欄を閉じさせていただきます。
コメント

なばなの里では、世界三大花木の一つ、ジャカランダの花が満開です。

2018年06月24日 | 花のある風景
なばなの里のベゴニアガーデンでは、 世界三大花木の一つ、ジャガランタの花が咲き、熱帯スイレンやフクシアなども彩りを添えています。また、ベゴニアガーデンの5,500平方メートルの敷地には800種類4,000本の世界中のバラ園もあり、こちらでも色とりどりのバラが咲いていました。

ジャカランダ








フクシア












熱帯スイレン


プラウナバ


スターホワイト

リンジーウッズ


プロイデン


インデペンデンス


スイレン


バラ園には800種4000本のバラが植えられています。


























本日は、コメント欄を閉じさせていただきます。
コメント

なばなの里の " ベゴニアガーデン "

2018年06月23日 | 花のある風景
なばなの里の " ベゴニアガーデン " は、日本最大級の温室。4棟の温室には世界中のベゴニアが咲き、温室内は常に28度を維持されています。ベゴニアガーデンに一歩足を踏み入れると鮮やかな色が目に飛び込んで来ます。最近は各地にベゴニアガーデンができていますが、なばなの里のベゴニアガーデンも素晴らしいものでした。






























木立性ベゴニア






レックスベゴニア


レックスベゴニアの花


メディニラ マグネフィカ


ペペロミア


ストレプトカーパス(シャイン)


ジニー


コンロンカ


グズマニア


カリアンドラ・ハエマトケファラ




ガーデハイビスカス


ネコノヒゲ
コメント (10)

三重県桑名市長島町「なばなの里」の " あじさいと花しょうぶ "

2018年06月22日 | 花のある風景
なばなの里は、三重県桑名市長島町駒江にある植物園です。広大な敷地の中に、あじさい・花しょうぶ園、ベゴニアガーデンなどがあります。あじさい・花しょうぶ園には、花しょうぶ300種8,000株とあじさい50種70,000万株が植えられています。敷地は8000坪とあじさい園としてはおそらく日本最大ではないかと言われています。いま、〔あじさい・花しょうぶまつり〕が開催されています。

あじさい・花しょうぶ園
敷地の中央に花しょうぶ園を配し、周りを取り囲むようにあじさい園が広がっています。






桃山の宴


京舞


袖娘


月夜野


相生


宇曽利湖


千代鶴


金星


栄紫


小桜姫


紅公子


江戸美人


銀の華


万里の響


旭匠


葵祭


ピンクレディー


富士川


かすり乙女


ステップ・ド・リップル (米国)


あじさい園








あじさい園に向かう通路、あじさいロードには、多品種のあじさいが展示してありました。ここに掲載したあじさいは、ほんの一部です。


マジカルコーラルレオーネ


マジカルグリーンファイア


テマリテマリ


ティンカーベル


ちずる


スターラインマース


シュガーホワイト


コットンキャンディ


コサージュ


ありがとう
コメント (12)

「あいちサトらぼ」花壇に咲くシロタエギクやコスモスなどの花

2018年06月21日 | 花のある風景
愛知県長久手市の愛・地球博記念公園の一画にある「あいちサトらぼ」の花壇です。ここには、いつ行っても花の絶えることがありません。定期的に訪れています。今回もお世話をされている方に花の名前を教えてもらいながら撮影してきました。(園内で撮影した花を含みます)

シロタエギク




シモツケ




コスモス






カスミソウ


オレガノ


ユリ


チェリーセージとキキョウとルトベキア


ダリア


ノムラモミジ


アメリカテマリシモツケ デイアポロ花後


ルドベキア







コメント (10)

チドリソウやアベリアの蜜を吸うアゲハチョウ

2018年06月20日 | 昆虫
チドリソウの蜜を吸うアゲハチョウ




































アベリアの蜜を吸うアゲハチョウ










モンキチョウ
コメント (8)

名古屋城本丸御殿の彫刻欄間・障壁画・襖絵・錺金具(かざりかなぐ)など

2018年06月19日 | 社寺・庭園・城
復元された名古屋城本丸御殿の彫刻欄間・襖絵・ふすまの引手や長押し、柱の釘隠しなどの錺( かざり)金具などです。名古屋城本丸御殿は、狩野貞信や狩野探幽など日本画史上最大の画派「狩野派」の絵師たちにより、部屋ごとに異なる題材での床の間絵、襖絵などが描かれ、豪華絢爛に彩られていました。それらをミクロ単位の観察をもとに緻密な作業が行われ当時のままに復元されたものです。錺金具も一点一点職人さんによる手作業で繊細な細工が施され当時のままに復元されました。

彫刻欄間














障壁画と襖絵


























上の写真を左から順に拡大したものです。








釘隠しや襖の引き手などの錺金具


























コメント (16)

名古屋城本丸御殿第3期復元工事が完成し一般公開されました。

2018年06月18日 | 社寺・庭園・城
名古屋城本丸御殿の第3期復元工事が完成し、6月8日から一般公開されたので13日に行ってきました。すでに公開されている部分に加え、今回公開されたのは「上洛殿」「湯殿書院」「黒木書院」「上御膳所」です。名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として、慶長20年(1615) 徳川家康の命によって建てられました。昭和20年の空襲によって建物の大部分が消失しました。平成21年から復元工事が始まり、400年前と同じ木造建築で復元され今回一般公開されました。

今回新たに公開された部分
鷺之廊下は対面所と上洛殿を結ぶ廊下ですが、今回新たに公開された部分と、すでに公開済みの部分を合わせて掲載いたします。










上洛殿
寛永11年(1634年)の三代将軍家光の上洛に合わせ、新たに増築された建物です。将軍の御座所として位置づけられたことから、御成書院とも呼ばれました。室内は狩野派の手による襖絵・天井板絵や絢爛豪華な彫刻欄間、飾り金具等で彩られ、本丸御殿の中でも最も豪華に飾られた建物です。とりわけ、幕府御用絵師の狩野探幽によって描かれた帝鑑図や雪中梅竹鳥図などが有名です。






















上御膳所


上御膳所の囲炉裏


上御膳所囲炉裏真上の天井


以下は、今年1月5日付のブログで一度掲載した場所ですが、今回も撮影してきましたので掲載いたします。
車寄


表書院
















対面所














下御膳所






梅之間






コメント (10)

アジサイの蜜を求めてやってきた「ヒラタアブ」と「クマバチ」

2018年06月17日 | 花のある風景
アジサイの季節です。アジサイも品種が多くて、いろんな色の花があります。そのアジサイにクマバチやヒラタアブが吸蜜に訪れて花から花へと移っていきます。ヒラタアブの仲間も種類が多くて特定できませんが、ここに写っているヒラタアブは体長10ミリほどの小さなアブです。

ガクアジサイとアジサイ




ガクアジサイとヒラタアブ






ガクアジサイとクマバチ




アジサイとガクアジサイ








































アジサイとクマバチ




アジサイとヒラタアブ


カシワバアジサイ

コメント (12)