自然を求めて近辺ぶらり

四季折々の風景、草花、野鳥など特にテーマを決めずに写真を撮り歩いています。

船頭平河川公園の多彩な花ハス

2017年07月06日 | 花・風景・紅葉
木曽川と長良川に挟まれた中洲にある船頭平(せんどうひら)河川公園です。この公園では、河川の水を取り入れて、水生植物の持つ浄化作用によって水を浄化し、再び河川に戻す試みを行なっています。いまこの公園で花ハスが見頃を迎えています。ミセスローカム・マイヨウレン(毎葉蓮)・マイヒレン(舞妃蓮)・シンニョレン(真如蓮)・オウヨウレン (黄陽蓮)・ヨウザンコウレン (陽山紅蓮)などが美しさを競っています。

ミセスローカム
花弁数約70〜100枚の八重咲きでアメリカのスローカム農場で交配されたため、この名前が付いています。(八重咲き)














マイヨウレン(毎葉蓮)
「毎葉蓮」の名のとおり、各立葉ごとに花が咲くほど花つきが良い品種です。(一重咲き)






マイヒレン(舞妃蓮)
アメリカ産の王子蓮と大賀蓮を掛け合わせたもので、花が散る瞬間が舞う王妃のようです。(一重咲き)








シンニョレン(真如蓮)
花弁の幅が広く、緑色がかなり強く、全体的にふんわりした感じである。(一重咲き)










オウヨウレン (黄陽蓮)
バージニア蓮と中国古代蓮の雑種で、小型種を作る目的で作り出された品種です。(一重咲き)






ヨウザンコウレン (陽山紅蓮)
茎が非常に頑丈にできており、花は濃紅の部類に入ります。(一重咲き)






花ハスが咲いている場所は、広々とした河川公園の一角にあります。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 愛知県愛西市の「森川花ハス... | トップ | アジサイいろいろ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
船頭平河川公園 (ヒトリシズカ)
2017-07-06 06:39:01
イケリンさん

ハスの花巡りシリーズですね。
この船頭平河川公園では、多彩なハスの花が観察できる場所ですね。

ミセスローカムは、可憐な色合いですが、米国人の方が品種改良したものですか・・

オウヨウレンは、米国品種に中国の古代蓮を掛け合わせたものなのですね。日本以外でも、ハスの花は好まれているようですね。

この公園では多彩なハスの花が鑑賞できますね。
ハスの花 (イケリン)
2017-07-06 07:09:01
ヒトリシズカさん おはようございます。
ハスの花は開花時間に制限があるので、両方が見られるのかと心配していたのですが、
朝早くに出発したお陰で、なんとか間に合いました。

ハスの花がアメリカで、品種改良されているのを私も初めて知りました。
やはり美しい花は、あらゆる国で愛されているのですね。
蓮の花 (kagurakko)
2017-07-06 13:22:36
こんにちは、イケリンさん。
河川公園もアイデアでこのように立派な浄土の国が出来ましたね~。
さすがに紫はないですね。(笑)
白が清楚で良いですね。
イケリンさんは極楽浄土間違いなく行けますね~。(笑)
川は三途の川かも?
失礼しました。
蓮の花 (イケリン)
2017-07-06 16:27:59
kagurakkoさん
あのねkagurakkoさん、青森県の恐山に三途の川を渡る赤い橋があって、
もう何年も前にこの橋を渡って三途の川を越え、いま極楽浄土にいるのですよ。
ですから、このブログも極楽浄土から発信しているのです。いや地獄からかな。
な〜んて馬鹿なことを申しました。(笑)

真如蓮の白は清楚ですねぇ。八重のミセスローカムのうっすらとピンクがかった
蓮も捨て難いですね。いずれも甲乙つけ難いといったほうがいいのかもしれませんね。
ありがとうございました。




Unknown (たか)
2017-07-06 20:38:36
蓮にもそれぞれ名前が有るんですね。
私は古代ハスと言う名称しか知りませんでした。

ミセスかぁ・・・いいですね。
蓮にはミスよりミセスの方が断然、似合うと思います。
落ち着きと包み込むような優しさ・・・そう感じられませんか?

花としてはマイヒレンが気に入りました。
確かに何とも言えない品の良さと高貴さが漂っています。
散り際の舞がみたいものですね。






植物の浄化作用 (fukurou0731)
2017-07-06 21:10:23
イケリン様
こんばんは。
八重咲のハスの花、初めてです。重厚な感じですね!
船頭平河川公園の試みはすごいですね。
水生植物の持つ浄化作用はとても大きいと聞いています。ぜひ成功して全国に広まればいいですね。
王妃蓮 (イケリン)
2017-07-06 21:21:10
たかさん こんばんは。
バラと同じように、ハスにも名前があるのだと今回初めて知りました。
場にもミセスが多いようにハスもそう見たいです。
円熟の美はミセスでないと出ないのかもしれませんね。

「花が散る瞬間が舞う王妃のようです」は表示してあった文面そのままですが
どんな散り方なのか気になりますね。
Unknown (イケリン)
2017-07-06 21:29:58
fukurou0731さん こんばんは。
水生植物を使って水を浄化する試みは素晴らしいことですね。
植物を使って浄化できれば、自然にも優しいし、いうことありませんね。
ハスの八重咲きは、ミセスローカムだけでしたが、
ドレスを着た女性のようで優雅な感じが致しました。

コメントを投稿

花・風景・紅葉」カテゴリの最新記事