自然を求めて近辺ぶらり

四季折々の風景、草花、野鳥など特にテーマを決めずに写真を撮り歩いています。

自然観察会「昭和の森を歩く会」でカキランなどを観察しました。

2018年06月15日 | 自然観察会
6月14日に自然観察会愛知県昭和の森を歩く会が "新緑とイチヤクソウ" をテーマに開催されました。今年は季節の進みが早く、新緑も色濃さを増し、イチヤクソウもほとんどが盛期を過ぎていました。ボランティアさんの案内で一人だと気づかないような花も数多く見ることができました。湿地では、体長2cmほどの小さなハッチョウトンボがたくさん飛び交っています。今年も数が多そうです。見かけたのはオスばかりでメスの姿は見かけませんでした。

カキラン




バイカウツギ


イチヤクソウ


ネジバナ


トキソウ


セマダラコガネムシ


キシタエダシャク


オケラ


オカトラノオ


ヒヨドリバナ


オオバノトンボソウ


ハンカイソウ


ハッチョウトンボのオス




モウセンゴケ


ジカバチソウ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 名古屋市農業センターと愛・... | トップ | スモークツリーとニワナナカ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カキランの花 (ヒトリシズカ)
2018-06-15 07:02:11
イケリンさん

今年も昭和の森では、カキランなどの花がさき、その姿を拝見させていただきました。

この森は自然がよく保存され、珍しいカキランが花を咲かせています。

ハッチョウトンボも飛び交って、いい姿です。

長野県の北部にあるハッチョウトンボの観察地では、昆虫観察愛好家の方が、池の端に寝そべって、小さなハッチョウトンボの姿を撮影しています。愛好家の熱意はすごいものがあります。
カキランの花 (イケリン)
2018-06-15 07:14:27
ヒトリシズカさん おはようございます。
湿地に咲く花カキランが今年も咲いてくれました。
さして多い数ではないのですが、昨年よりも幾分か増えたような感じを受けました。
ハッチョウトンボは、今年も数が多いようです。
毎年のことですが、オスに比べてメスを見かけることが少ないですね。
珍しい植物が (fukurou0731)
2018-06-15 08:59:26
イケリン様
おはようございます。
珍しい植物が満載ですね。
カキランやトキソウの実物はまだ見たことがありません。
もうオカトラノオが咲き始めているのですね。開田高原でもきっと咲き始めているのかな?!
珍しい植物 (イケリン)
2018-06-15 13:43:38
fukurou0731さん こんにちは。
当地ではトキソウはたまにしか見ませんが、
カキランは湿地のあるところでは結構目にします。綺麗な花ではありますね。

オカトラノオは咲き出したばかりと見えて、まだ虎の尾のようにはなっていません。
開田高原で咲き出すのは、もう少し先になるのではないでしょうか。
カキランなど… (kagurakko)
2018-06-15 13:52:14
こんにちは、イケリンさん。
昭和の森は市立ですか⁉️
色んな珍しい野草が有り楽しみですねぇ~。😅
カキラン、トキソウもオカトラノオも見て見たいです!
ネジバナが咲きましたか❗️
当地で見かける場所は国交省が草刈りをして間がありませんので花が咲くかどうか分かりません。😢⤵️⤵️
ハッチヨウトンボは初見です。
あんなに小さいのにハッチヨウなんですね‼️😅
赤いのが良いです‼️😅
昭和の森のカキランなど (イケリン)
2018-06-15 15:05:53
kagurakkoさん こんにちは。
昭和の森は愛知県の施設なんですよ。昭和天皇在位50年を記念して整備されたとのことです。
カキラン、トキソウ、オカトラノオを、まだ見られたことがないですか。
ネジバナも最近たま〜に見かけるようになりましたが、全体的には数が少ないですね。
ハッチョウトンボは、日本一小さなトンボとして知られています。
世界的にも最小の部類に属するようです。
小さいのに縄張り意識が強くて、相手が自分の領域に入ってくるとすぐに追い出しますよ。
赤いのはオスですが、メスはもう少し地味な色をしています。メスは見かける機会が少ないですねぇ。
メスを見かけることが少なくても、毎年繁殖しているのを見るとどこかにはいるようです。
こんにちわ、イケリンさん (たか)
2018-06-15 17:40:19
私も湿原はかなり歩きましたがトキソウは目にしても
カキランを見た事は一度も有りませんでした。
色の渋さが堪らなく素敵ですね(一度見てみたいです 

ハンカイソウはマルバタケブキに良く似ておりますね。
ハンカイソウは初めて聞く名前ですがマルバタケブキは山中で良く見かけます。
植物は葉の付き方一つでも違うと名前も変わって来ますので難しいですよね。

モウセンゴケの花は5年前(?)白根山に登った時に娘に教わったのが初めての出会いでした。
小さくて注意しないと見過ごしてしまいそうな花ですが
まさかモウセンゴケに花が咲くとは思ってもみませんでしたので、あの時は興奮してしまいました。


カキラン (イケリン)
2018-06-15 18:30:10
たかさん こんばんは。
カキランは、当地では湿地のあるところでよく見かけます。
そう言われると、マルバダケブキとハンカイソウはよく似ていますね。遠目には見分けがつきませんね。
マルバダケブキは夏場に伊吹山でたくさん咲きます。亜高山帯に咲く花のようですよ。
このハンカイソウは湿地に咲く花です。茎に毛のあるなしや葉のつき方など微妙に異なるようですね。
花の見分け方は本当に難しいです。難しすぎて頭がこんがりそうです。(^ー^)

モウセンゴケは小さな花でよく見ないと気づきません。この大きさでピンク色もあるのですよ。
トウカイモウセンゴケとかコモウセンゴケとか呼ぶようです。
残念なことをしました (越後美人)
2018-06-15 20:56:11
カキランがきれいですね。
なかなかお目にかかれません。

ところが昔、我が家の庭で元気に育っていたことがあったんです。
大事にしていましたが、庭木の剪定で主人がその上をのしのし歩くので、
植え替えしたら消えてしまいました。
後悔してもし切れません
それから一度も出会いがないです。

こちらは山野草の宝庫ですね。
欲しい植物ばかりでした。
カキラン (イケリン)
2018-06-15 21:09:16
カキラン。惜しいことをなされましたね。
この花も意外と繊細なところがあるようです。
今まで生えていたところに、今年は姿が見当たらないということもありますね。

草陰に咲く花などは、自分ではよく見つけないのですが、ボランティアさんがよく見つけては、
教えてくださいます。ありがたいことです。観察会の良いところでもありますね。

コメントを投稿

自然観察会」カテゴリの最新記事