自然を求めて近辺ぶらり

四季折々の風景、草花、野鳥など特にテーマを決めずに写真を撮り歩いています。

ヤマガラが、エゴノキの実をくわえては飛んでいきます。

2018年09月17日 | 野鳥
ヤマガラがくわえているのは、ベニバナエゴノキの実です。いま、この実が鈴なりです。ヤマガラは、このエゴノキの実が大好物のようです。次から次へのやって来ては、果柄の部分をくわえては飛び去っていきます。食べるときは、近くの木に移動して、実を両足で挟んでお行儀よく食べています。




中には、実の部分をくわえて飛び立つものもいます。








このように両足で実を挟んで食べます。































ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 思い出のくるま旅 (12) ・保... | トップ | アベリアの蜜を吸いに来たカ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤマガラ (ヒトリシズカ)
2018-09-17 06:08:29
イケリンさん

ベニバナエゴノキの実が鈴なりに稔り、ヤマガラはこのご馳走に喜んでいます。

この実を次々と食べて、体力を養っています。楽しそうです。

ヤマガラにとって、稔りの秋を迎えています。

ヤマガラ (イケリン)
2018-09-17 06:39:24
ヒトリシズカさん おはようございます。
エゴノキの実が鈴なりで、ヤマガラも当分の間は、食べ物に苦労しないようです。
何度もなんどもやつて来ては、口にくわえて飛び去って行きます。
どれぐらいの数がいるのか見当もつきません。
相当かたいと (fukurou0731)
2018-09-17 08:42:17
イケリン様
おはようございます。
エゴノキの実は相当かたいと思うのですが、脚に挟んで嘴で割って食べるのですね。
ヤマガラの飛翔と名札を画面の中に入れて撮影されるのはさすがです!
ヤマガラとエゴノキの実 (イケリン)
2018-09-17 08:59:00
fukurou0731さん おはようございます。
エゴノキの実は相当かたいですね。
ヤマガラが、なぜこの実を好むのかわかりませんが、入れ替わり立ち替わりやって来ます。
他の鳥が来ているところは、未だに見たことがありません。野鳥にも好みがあるようですね。
たくさんのご馳走 (越後美人)
2018-09-17 09:18:24
ヤマガラはエゴノキの実が大好きなようですね。
一粒が大きいですから、一つ啄むとお腹もかなり膨れるのでしょうか。
これだけあったらしばらくはエサに困らないですね。

実を茎ごとくわえて行ったり、足で挟んで食べたり、
可愛い仕草は見ていて飽きませんね。
ヤマガラのご馳走 (イケリン)
2018-09-17 10:13:43
越後美人さん おはようございます。
ヤマガラも、これだけのご馳走を目の前にすると動きが激しいですね。
見ていると、実を一つ丸ごと食べるということはなさそうです。
ちょっとかじっては、またやつてくるみたいですよ。
この仕草は見ていて飽きないものがあります。ついつい引き込まれていく自分があります。(笑)
ヤマガラとエゴの実 (kagurakko)
2018-09-17 11:34:52
こんにちは、イケリンさん。
凄いです!
ヤマガラも見たことがないのに、こんなにヤマガラとエゴの実を食べるところが観察,撮影できるとは、実に羨ましいです。
画像もばっちりですね!!
鳥を見るには木の実がないとだめですね~。(笑)
学習しました。
ヤマガラとエゴの実 (イケリン)
2018-09-17 14:20:22
kagurakkoさん こんにちは。
野鳥もどこかで生活しているのでしょうが、まだ、暑いので姿を見る機会が少ないですね。
そんな中にあって、今年はヤマガラの姿をよく見かけます。
やはり餌があるところへは、やつてきますね。
エゴノキの実がある間は、姿を見せる可能性が高いです。
こんにちは (ロメオ)
2018-09-17 14:40:46
ヤマガラとエゴの実 、ばっちり撮影されましたね。
実が鈴なりですね。私の近くでは猛暑や台風の影響なのか、実が小さいです。
先日、エゴノキにやってきたヤマガラを撮りましたが、実をくわえた場面は撮れず・・・
イケリンさん、シャッターチャンスを逃さず撮影されて、すごいです(*^^)v
ヤマガラとエゴの実 (イケリン)
2018-09-17 15:08:09
ロメオさん こんにちは。
今年はエゴノキが、たくさんの実をつけました。
ヤマガラも、どういう動きをするのかわからず、いっつも振り回されています。
実をくわえたまま、手を伸ばせば触れそうなほど、近いところを通過することも何度かありますよ。
ヤマガラに限らず野鳥は、いつ飛び立つのかわからず、なかなか狙っては撮れませんね。
写真は全て紛れ当たりのようなものです。^ - ^
三脚を使わないものですから、構えたままカメラの重さに耐えるのも苦痛です。(>_<)



コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事