草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

籠池に屈した近財は結果的に朝日新聞を利することに!

2018年03月12日 | 政局

森友学園をめぐる財務相の文書書き換え事件は、ようやく真相が明らかになりつつある。一つは近畿財務局の文章能力のなさである。籠池の言ったことをそのまま書くなどというのは、官僚として失格である。もう一つは財務省理財局のドジな対応である。書き換えなどしなくても、籠池の嘘は炙り出されており、それをもって安倍首相を追い詰めることは難しいからだ▼ここまで混乱すると、もっと裏があるような気がしてならない。わざわざ安倍首相の名前や昭恵夫人に触れたりするのは、ある種の意図が感じられるからだ。公になる文書に名前を載せておけば、いつか発覚して騒ぎになる。それを知っていてやった節がある。次々と出てくる事実は、以前からいわれていたことであって、籠池がまくし立てたことばかりである。まったく問題にするにもあたらない▼朝日は書き換えがあったというだけで、安倍首相の首を取りたいのだろうが、そうは問屋が卸さないのである。いよいよ予想した通りに展開になってきた。朝日も財務省も共倒れになるだろう。どっちかが勝った負けたではないのである。朝日は政策で安倍内閣をつぶすことができず、官僚組織のスキャンダルで攻め立てた。しかし、その協力者は大阪地検だとみられている。国家を根底からひっくり返すような謀略が、今後も次々と我が国に仕掛けられてくるだろう。それをどう乗り切れるかが、我が国の運命の分かれ道なのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の日本にとって何が大事か... | トップ | 陳腐な書き換え内容で朝日新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事