草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

官僚と結託した反日朝日新聞に踊らされてはならない!

2018年03月14日 | マスコミ評

何度でも言う。森友学園ごときで日本の政治が混乱して、独裁国家中共やならず者国家北朝鮮に日本が支配されるようなことになってはならない。朝日新聞は誼を通じた財務省などの関係者からのリークで、一挙に安倍内閣を打倒したいようだ▼ここが私たちの正念場である、何も安倍首相を守ろうというのではない。日本が日本である続けるためには、反日朝日新聞の目論見を粉砕しなくてはならないのである。NHKで公開された文面を読んでみると、財務省が佐川前理財局長の国会での答弁と辻褄を合わせるために、文章の書き換えを行ったのであり、たまたまそこに安倍首相や昭恵夫人、さらには政治家の幾人かの名前も出てきただけである。森友学園の国有地売却に関しての関与を疑わせるものは何一つ出てこなかった▼朝日新聞が必死になって騒ぐのは、単なる嫌がらせのレベルでしかない。ある意味では、財務省の自己保身のために安倍首相や昭恵夫人は巻き添えを食ったのである。いかに朝日新聞をはじめマスコミが騒ぎ、それに野党が便乗しようとも、日本を守り抜こうとする声なき声はネット上にあふれている。財務省はこの機会に解体されなくてはならないが、戦後の歪んだ言論空間にも止めを刺さなくてはならない。朝日新聞の傲慢なフェイク報道を粉砕することで、名実ともに日本は戦後レジームから脱却することになるのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陳腐な書き換え内容で朝日新... | トップ | エリート階級の財務省と朝日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事