草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中共は新型コロナで火を付けて焼き太りを目指している独裁国家だ!

2021年04月13日 | 安全保障
新型コロナの発生を世界に知らせず、嘘を吐いてきた中共が。あたかも英雄のようにもちあげられるというのは。常識の許す範囲内を逸脱している。明らかに居直りであり、自分たちのしたことを隠蔽しているのである。そればかりか、南モンゴル、チベットやチベットでのジェノサイドを断じて容認することはできない。もはや他人ごとでなく、日本にも迫り切った危機なのである▼わが国中共との間では情報戦の真っただ中にある。少しも緩めることは絶対にできない。北京にある日本大使館に中国共産党委員が勤務していることが認められているのは。あまりにも平和ボケではないだろうか。情報がただ漏れるなってしまい、中共を利することになっているからだ▼中国共産党と近い日本共産党や立憲民主党、社民党はだぶだぶの第五列である。これでは日本を守り抜くことは守り抜くことはできない。早急に体制を整えるべきなのである。戦う前から白旗を掲げている者が多く、それをかき分けで前に進むしかない。菅内閣がどこまで対抗できるかは予想が付かない。地味に徹しつつも、最後は反撃するとの危機感があるのならば、まだチャンスは残されている。ここで諦めるのではなく安倍首相のような強い方針を打ち出せばいいのである。欧米も味方してくれていれており、ここでたじろぐ必要はないのであ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 新型コロナ報道で不安感を煽... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事