草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

TPPをめぐって断固国益を主張した安倍晋三首相!

2013年02月25日 | 国際問題

 今日の産経新聞の正論で田久保忠衛氏は、安倍晋三首相のTPP交渉参加に向けた決断を評価している。しかし、まずTPPありきの議論になっていないだろうか。それでは本末転倒である。今回のオバマ大統領との会談での一番の成果は、日本が正々堂々と国益を主張した点だ。一方的にアメリカ側に押し切られてしまう、これまでの屈辱外交とは違っていた。それをまず認めるべきだろう。民主党政権であれば、ご無理ごもっともで、為すすべがなかったはずだ。田久保氏の思い違いは、TPPなるものは安全保障と密接に関係している、と勝手に信じていることだ。あくまでも経済分野に限られており、アメリカにすれば、自分たちの損得勘定からスタートしたのである。中共を孤立させる意図はまったくない。ただし、田久保の議論で的を射ているのは、「2期目のオバマ政権は『覇権国家』から『福祉国家』へと大きく舵を切りつつあるのではないか」との指摘だ。そうしたアメリカの軍事的低下を受けて、当然のごとく東アジアでの日本の役割は大きくなる。それを見越して、アメリカは安倍首相に対して、一定の譲歩をしたのである。安倍首相は、これからのあるべき国家像を世界に向かって発信した。日本を取り戻すことで、国益を優先し、国家として身構えるのである。グローバリズムに歯止めをかけたのは、そのためなのである。保守派のなかのTPP推進派に欠けているのは、アメリカにしても、国益を重視しているという、冷徹な現状認識ではないだろうか。



政治 ブログランキングへ

 

              ←日本は国益を重視すべきだと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村   blogramで人気ブログを分析


コメント   この記事についてブログを書く
« 戦後民主主義を後生大事にし... | トップ | 道義的革命に決起した青年将... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事