草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

トランプ支持者を敵視し極左に媚びたバイデン大統領就任演説! 

2021年01月21日 | アメリカ

バイデンが20日行った大統領就任演説では、あろうことか「民主主義が勝利した」と宣言した。不正選挙はもとより、息子のハンターバイデンと共に、自らも中国から利権を得ていた疑惑があるにもかかわらず、何事もなかったかのような顔をして語ったのである。臆面もない人間がアメリカの指導者となったのである▼それが組織的な不正選挙によるものであろうと、もはやトランプの敗北を私たちは認めざるを得ない。しかし、バイデンはアメリカの団結を口にしながら、その一方で「政治的な過激主義の台頭や白人至上主義、テロなどに立ち向かわなければならない。われわれはまだ危険な時期にある」と述べた。トランプを支持した人たちを「白人至上主義者」と敵視したのだ。それでいて極左のBLMやアンティファには理解を示したのである▼まずはバイデンのお手並み拝見である。財務長官に指名されたイエレン前FBR議長が「中国の不公正慣行は脅威であり、あらゆる手段で対抗する」と述べたが、それが実際どうなるかである。腰砕けになってしまえば、その時点でアメリカ国民の支持を失うだろう。安全保障政策でも、中国に融和的な政策を取れば、同盟国との関係に亀裂が入るだろう。我が国は最悪の事態を想定しつつ、アメリカ頼みではなく、勇気をもって自立への一歩を踏む出すしかないのである。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« バイデンの大統領就任でほく... | トップ | リベラルを自称するデープ・... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【 日本が多民族国家になれば、日本は終わる! 】 (三角四角)
2021-01-21 22:18:35

 アメリカの問題の根幹は、人種闘争である。

 『 「 どの人種でも平等というのは理想であって現実ではない 」
 〔 白人絶滅が決まった日? 〕
 米大統領選挙は2020年11月3日に実施され、21年1月20日にバイデン新大統領が就任しました(中略)。
 おそらくヒスパニックや有色人種の多くはバイデンに投票し、白人票はトランプとバイデンに分裂した。
 アメリカ全体で白人は約63%(ウィキペディアより)を占めるが、大戦時は90%以上だったので激減している。
 既に新生児数は非白人が多数派になっていて、2040年代前半までに総人口の過半数がヒスパニックを含む有色人種になる(後略)。 』

 『 〔 全世界で移民が支配民族になっている 〕
 これでもはや非白人の流入と増加を食い止める事はできなくなり、2040年を待たずにアメリカで白人は過半数を割り込むでしょう。
 1940年代に95%以上を占めていたのに100年後の2040年には50%以下、このペースだと21世紀中に3分の1も割り込みます(中略)。
 こうした傾向はアメリカだけではなく、欧州のすべての国の首都で、先住民(伝統的白人)より移民人口が多数になっている。
 ロンドン、パリ、ベルリン、ローマなどすべての首都で、元々住んでいた人達は少数民族になりました。
 日本でもこの傾向は起きていて東京の人口に占める外国人の割合は約4%と全国最高になっている。
既に帰化した外国人や帰化人を親や子孫に持つ人を含めると、10%に達している可能性もあります。
もし日本が欧米並みに移民に門戸を開いたら(安倍首相はそうしたがっていた)、あっという間に東京の過半数は外国人になるでしょう(後略)。 』
 ( 世界のニュース トトメス5世 2021年01月20日15:00
 【 世界で起きている”支配民族”の交代、アメリカだけではない 】
http://www.thutmosev.com/archives/84916141.html

 トランプ大統領が、究極的に何と戦っていたかと云うと、アメリカにこれ以上非白人の流入を止めて、白人優位社会を保ちたかった!
 その為に、メキシコとの国境に壁を作りたかったのだ。

 その点、トランプ大統領は、内心日本が羨ましかったに違いない!
 日本の国境の周りには、海と云う天然の壁が在るから、徒歩による移民の流入を防いでいる。

 従って、トランプ大統領は、移民流入を防いでいる天然の壁を態々ドリルで開けて、「 もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。 」( 首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
平成25年9月25日 ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html
 内閣官房内閣広報室 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
 Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved. )

 と言った安倍総理を、「 おい、おい、シンゾー、正気か? 折角移民の流入を防いでくれる天然の要害にドリルで穴を開けて如何するのだ? 後世の日本人から最も愚かな総理と言われてしまうぞ! 」と肚の中で思って居るに相違在りません!

 日本が、移民社会と成れば、我々先住民たる大和民族は、やがては、少数民族に追いやられ、縄文時代から令和時代の日本の歴史は、最早無用の長物と成るのも時間の問題でしょう?

 伝統と歴史から切り離されては、日本人は存在し得ませんから。
 大和民族が少数民族となれば、天皇の存在も無くなるでしょう?

 今は、安倍・菅政権が、日本の多民族化に舵を切った非常に、大和民族にとって危険な状態です。

 2020年のアメリカ合衆国選挙で、我々、大和民族が、教訓としなければ成らないのは、左翼・右翼の思想対決では無く、対支姿勢でも無く、人種闘争を決して起こさない、その為に、日本の多民族化にブレーキを掛ける事では無いでしょか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ」カテゴリの最新記事