草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

史上かつてなき独裁国家北朝鮮を甘くみてはならない!

2018年05月17日 | 思想家

金正恩はかなり焦っている。当初はトランプを簡単に丸め込めると思っていたはずだ。そうは問屋が卸さないのに気付いて、米朝首脳会談に応じるかどうかで迷っているのである。6月12日にシンガポールで行われる予定にはなっているが、実現は微妙である。アメリカはリビア方式での解決を主張しており、北朝鮮の思い通りにはならないのは明らかである。独裁者を好意的に評価したマスコミや野党は、今後の成り行きをどう考えているのだろうか▼トロツキーは『裏切られた革命』(藤井一行訳)において、ソビエトロシアを痛烈に批判した。「それは史上かつてなかったような強制の機構へと肥大化した。官僚は大衆に席をゆずって消滅するどころか、大衆の上に君臨する無統制の権力と転化した。軍隊は武装した人民におきかえられるどころか、元帥を頂点とする特権的な将校階級をその中から生みだした。一方、『武装した独裁のにない手』たる人民は今日のソ連では刀剣類の武器を携行することさえ禁じられている」▼北朝鮮はソビエトロシアよりもさらに深刻なのである。独裁者が世襲であり、民主的な手続きは一切無視されている。我が国が国家として北朝鮮に身構えることは、それこそマルクスも容認するだろう。平和を守り抜くためにも、我が国は断固とした姿勢を貫くべきなのである。絶対に甘い顔をすべきではない。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「なまの現実」と向き合うこ... | トップ | 「菊と刀」の絆を回復すべき... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
米国軍、英国軍、北大西洋条約機構軍(=ドイツ国軍)および日本国軍が韓国及び北朝鮮の両方を即時空爆することを強く要求します! (A敦子)
2018-05-17 10:26:19
米国軍、英国軍、北大西洋条約機構軍(=ドイツ国軍)および日本国軍が韓国及び北朝鮮の両方を即時空爆することを強く要求します!
ドイツ、フィンランド、ハンガリー及び日本国は、トンデモ国連のトンデモ敵国条項から脱出へ (A敦子)
2018-05-17 12:51:39
ドイツ、フィンランド、ハンガリー及び日本国は、トンデモ国連のトンデモ敵国条項から脱出へ
------

(英国、米国、ドイツ、豪州、日本国)+(オーストリア、ノルウェー、フィンランド、ハンガリー、トルコ、インド、フィリピン、ベトナム)が一致団結しているから超強力+超迫力です。

フィンランドおよびハンガリーは、日本国の同胞民族国家であり、太平洋戦争(第二次世界大戦)の敗戦国であり、トンデモ国連のトンデモ敵国条項に入れられているため、
(英国、米国、ドイツ、豪州、日本国)対(韓国、北朝鮮、共産シナ)の戦争に至った場合、日本国の根回しの結果、(英国、米国、ドイツ、豪州、日本国)陣営で参戦し戦勝国になることになっています。

いつもながら、イタリア、スウェーデン、フランスなどは、いつものとおり、フランス式ずるい風見鶏作戦を取っていて、漁夫の利を得るために、戦勝陣営が決まりそうになると、戦勝陣営へ加わります。
北の内部 (金 国鎮)
2018-05-17 23:48:53
これから米朝会談が始まろうとしている。
始まろうとそうでなかろうと多くの人たちはテレビを通じて北の政治の現実を目にした。
多くの人たちが北の権力を支えている人間を目にした。
謎に包まれた北の権力の情報が明らかになった。
他愛ないものだった。

北がこれから何を言おうと今回の板門店のテレビ中継を通じて目にした光景は忘れないだろう。

北の独裁権力を支えている支持層に北の反体制政治勢力がいる。
彼らが北の将来を代表するだろうが彼らの情報が依然として明らかにならない。
政治ショーはそろそろ終わりだろう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思想家」カテゴリの最新記事