草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

劇団の子役に発言させる「池上彰スペシャル」を嗤う!

2018年09月09日 | マスコミ評

地上波テレビの嘘を次々と暴いているのがネットである。去る7日のフジテレビの池上彰スペシャル「池上彰×子供×ニュース痛快疑問」に出演した子どもの正体が暴露され、目下、大炎上中である▼池上の解説を聞いた小学生が「やっぱり日本も自分の考えていることをちゃんと言った方がいいと思います」と安倍総理を批判したが、劇団「ひまわり」の子役であることが判明。あらかじめ台本ができていたのでは、との疑惑が持ち上がっている。ネットの力恐るべしである▼小学生で政治のことを語るのは無理であり、ほとんどの場合は親の影響を受けているのではないだろうか。一般人を装って発言させたとしたら、偏向報道そのものではないか。池上の主張を正当化するためにも、ヤラセが常態化しているのではないだろうか。安倍外交をアメリカ追従と決めつけるのは、トランプと胸襟を開いて話ができるのは、世界で安倍総理くらいしかおらず、日本が独自の外交を展開しているのを認めたくないからだろう。単なる嫌がらせでしかない▼子供に言わせるというのも最悪である。元NHKの職員ということで、やたら本を出し、テレビに引っ張りだこであるが、ここらが限界ではないだろうか。池上ごときに振り回されてはならないのである。子供まで使って世論をリードしようとしても、メッキはすぐに剥げるのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍総理とがっぷり四つに組... | トップ | 日本人に元気を与えた大坂な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事