草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

平成28年クリスマスイブ 5首

2016年12月24日 | 短歌

クリスマス積もらぬ雪の向こうにはカタコンベあり隠れ切支丹

 

若松の涙橋で振り返る転ばぬ者は裁かれしかな

 

足の塵払わず会津に留まれる殉教者らは失せて知られず

 

敗れたる会津の武士は神の道会津訛りの純朴なまま

 

クリスマス貧しきことは美しい奢れる者の側に与せず

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主政治とは「歴史的風雪に... | トップ | 指導部独裁の共産党に尻尾を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事