草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

中共の会社から接待された国会議員が立憲や国民にもいる?

2019年12月29日 | 政局

やっぱり予想したような展開になるのではないだろうか。「文化人放送局大忘年会」での篠原常一郎氏の発言がネットで大きな波紋を広げている。すでに沖縄では中共が会社をつくり、政治家を接待する構造ができあがっているのだという。篠原氏は「自民党だけでは済まない」と述べるとともに、「これからの政界は大荒れになる」との見方を示したのあった。接待者リストが出ており、立憲や国民の国会議員の名前もあるというのだ▼秋元司代議士が東京地検特捜部に逮捕されたわりには、特定野党の意気は上がっていない。IRを問題視してはいるが、中共の会社が関与したということには、できるだけ触れたくはないようだ。SNSでは「金をもらった人間は、すべて罰せられるべきだ」というコメントが相次いでいる。民主党政権時代には、民主党独自にIR議連をつくって活動してきた経過もあり、特定野党も蚊帳の外ではないのである▼単なる汚職ではなく、日本を敵視する全体主義国家のために働くというのは、まさしく売国奴である。断じて許すことはできない。チャイナマネーにどっぷり浸かった政治家は、徹底的に締め上げなくてはならない。スパイ防止法がなくても、あらゆる法律を駆使して追い詰めるべきなのである。中共と日常的に接触しているのは、自民党の親中派であり、特定野党なのである。ここで政界を掃除しなければ、我が国は中共の属国になるしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 今のままでは検察が文在寅に... | トップ | 「ヘイト」を口実にした大阪... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事